読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

棋譜並べ(5)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

棋譜並べ(5)

 

ブログらしく(?)、雑談コーナー(愚痴や弱音を吐く)を設けることに。

 

だって、これだけ書いてきて、アクセスがたった「3」って、悲しすぎる。

はてなブログの欠陥、もしくは愛棋家の検索能力を疑わざるを得ない。

 

「トランプ大統領」とか、「オリンピック」とか書いておけば、アップするのかな。

ELT持田デビュー再現ミニ姿」がyahooのトップかって、うーん、節操がない。

 

誰も見ていないブログで問いかけるむなしさたるや。

ローマの大聖堂を貸し切って歌う一人カラオケって、多分こんな感じなのかなあ。

 

いやいや、将棋と一緒で、粘り強く、指し続ける、否、書き続けることにしよう。

 

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

棋譜並べ30回通し、試していただけたかな。

試していただければ、言わんとするところが伝わると信じる。

すでに強くなっていることを実感できるだろうから。

 

本日のテーマは、「高速棋譜並べ」。

何となく知っていても、誤解している人も多い「高速棋譜並べ」。

 

「やっぱりちゃんと考えないとダメなんじゃないか?」

多くのブログなどを拝見すると、否定的な意見が多く驚く「高速棋譜並べ」。

 

将棋愛好家のメンタルの弱さには、驚きあきれるばかりである。

心理学者に分析を依頼したいほどチキンである。

 

高速棋譜並べは、最強の勉強法であると断言しておこう。

30回のなめらか通しと高速棋譜並べを組み合わせれば、鬼に金棒。

 

考えたければ、30回通した後に考えればよろしい。

支流・枝葉末節の変化をたどるのは、本流・大きな幹(本譜)30回の後だ。

 

というわけで、私シュうぇッチマンのやり方は、こうだ。

キッチンタイマー(対局時計)を用意する。

そして、まず3分以内で並べることを目標にする。

 

無心になって、何も考えない。

ひたすら速く、なめらかに並べるだけ。

 

大切なのは、昨日も書いたように、なめらかに流れるように並べること。

つまずいたり、ひっかかったりするところは、我が弱点ゆえ、反省する。

 

正確に並ばないようなら、まだ時期尚早、時間を計る段階ではない。

丁寧にスローモーションで、しかしなめらかに流れるように、並べるべし。

 

間違えて並べると、間違えた手を習得するから、逆効果である。

道を間違えると、正しい道に戻るのに、さらに10倍の努力を要する。

気をつけよ。

 

3分以内で並ぶようになれば、時間を短くしていき、2分以内を目指す。

1分切れ負けより短い将棋が必要なはずはない。

だから、2分より短く並べる意味はない。

 

ただ、脳内で並べるときは例外で、光速・神速を目指そう。

この鍛錬を積めば、秒読みで余裕ぶっこくことができるはずだ。

 

昔、巨人の川上哲治さんが「ボールが止まって見えた」と言った。

あの境地も夢でない。

そして、その境地を目指すために、高速棋譜並べは必須科目である。

こう断言したい。

 

「流れ」と「時間」を意識する。

そうすれば、いつの間にか、難なく30回に到達するはずだ。

 

初心者の方は大変だろうが、まずは一局、トライしてみよう。

 

【本日のまとめ】

・高速棋譜並べの前に、スローモーションで練習しよう。

・高速棋譜並べは、流れを意識しながら、まず3分以内を目指す。

・高速棋譜並べの最終ゴールは、2分以内とする。

・高速棋譜並べは、秒読み対策にもなる。