読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

棋譜並べ(6)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

棋譜並べ(6)

 

石原さとみさんの英語問題。

なるほど。ひどいとも言えるし、頑張っているとも言える。

 

まあ、私シュうぇッチマンは彼女の熱烈なファン。

だから、発音なんてどうでもいい派。

ただ、発音矯正できるシステムを確立していない日本の現状は、別。

もったいない。

 

ミリ単位で衣装を整えるように、発音をチューニングする仕組みは必要。

そういえば、石原さとみさんは『ピグマリオン』にも出演していたな。

ヒギンズ教授、否、ヘンリー・スイートをあの世から呼ぼう。

 

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

流れ重視に、高速棋譜並べを組み合わせるというアイデア

昨日はここまで述べておいた。

 

もう1つ、高速棋譜並べの他に、オプションを持っておくとよい。

私の造語だが、名づけて「定速棋譜並べ」についても述べておこう。

 

用意するものは、メトロノーム(対局時計)。

テンポは60~62に設定する。

 

60なら、いわゆる1秒で1拍が鳴るから、対局時計と同じ。

61、62は対局時計より、少しだけ速いテンポになる。

 

実際より少し速くして練習しておけば、秒読み時に余裕が出る。

漕艇のオールや野球のバットを練習で重くしておくのと同じ原理だ。

 

さらに6拍ごとに1回、強調音を鳴らすように設定しておこう。

「6秒指し」の練習に使おうというのだ。

 

6秒ごとに一手を指す。

こんな感じだ。

 

ピピピピピポ▲7六歩

ピピピピピポ△3四歩

 

テンポよく指すことにより、6秒という感覚を我がものにしよう。

 

試しに、これをやった後で、ウォーズの10秒将棋を指してみてほしい。

相手が同じ棋力なら、100%に近い率で勝てるはずだ。

 

慣れてきたら、対局前にメトロノームを聞くだけでも同じ効果が得られる。

時計の秒針を見て、123456ピシッとイメトレするのでも問題なし。

 

なぜ6秒か。

これは人工知能の研究で、データが出ているからである。

 

プロ棋士の判断を研究した結果、人間は3~6秒の時間が必要なのだ。

文字通りのノータイムで指すと、絶対にミスをするようにできている。

 

プロ棋士でさえ、そうなのだから、いわんやアマチュア棋士においてをや、だ。

どんなに分かりきった局面でも6秒は読む習慣をつけたほうがよい。

 

それに6秒で指す癖をつけておけば、26秒で指すこともできる。

20秒、1、2、3、4、5、6ピシッ

 

切れて負けることがなくなる。

万が一、「7ピシッ」となっても、まだ余裕がある。

 

時間の余裕が、心の余裕にもつながる。

「6秒指し」のおかげで、ケアレスミスが激減し、秒読み勝負に強くなる。

 

重要なことを言い忘れた。

6秒の間に、次の手もはっきりイメージしておくこと。

 

いわゆる「三手の読み」(故・原田泰夫九段)の訓練になる。

この効果は絶大である。

 

なお応用として、他の秒設定も可能だろう。

あまり試したことはないが、「26秒指し」も面白いかもしれない。

 

ただし、まずは基本として「6秒指し」を強くおすすめしたい。

 

【本日のまとめ】

定速棋譜並べのおすすめは、一手6秒ペースである。