読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

定跡(2)

ビリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

定跡(2)

 

f:id:Shouldgo:20160902200628j:plain

先に定跡は「不要」と書いた。

しかし、より正確に書けば、「不急」となる。

 

初段になるために、定跡は「不要」だ。

しかし、有段タブに安定し、初段以上を駆け上る際には「必要」だ。

 

そして、ここで大事な法則がある。

強い人の勉強法は、弱い人の勉強法でも使えるという法則。

 

通常、5手詰めもあやしい級位者に『詰むや詰まざるや』を解かせない。

しかし、いわゆる上位互換で、解いて悪いはずもない。

 

そこで、定跡の勉強法についても、少し私見を述べてみよう。

 

まず提言したいのは、棋譜並べとは反対の方向性である。

つまり、あれこれ勉強するな、ということだ。

 

定跡とは、決まりきったルートというほどの意味である。

一から読みを入れて考えなくとも、定まっている舗装され整備された道である。

 

ところが、この既定路線の数は、すでにかなりの数に上っている。

あなたは、あなたの住む市の道路を、すべて覚えてはいないだろう。

生き字引ならぬ、生きカーナビを目指すのでないかぎり、全部を覚える要はない。

 

将棋の戦法には、居飛車振り飛車の二種に大別される。

アマチュアは、居飛車党、振り飛車党、どちらかに絞ろう。

   

長岡研究ノート 相居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

長岡研究ノート 相居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

 

    

長岡研究ノート 振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

長岡研究ノート 振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)

 

  

さらに居飛車ならば、角換わり・横歩取り・相掛かり・矢倉の選択がある。

もちろん、振り飛車破りもあるが、部分的に得意分野を絞り込もう。

急戦にするか、持久戦にするか、等々。

 

他方、振り飛車居飛車より楽だと誤解する人も多いが、そんなことはない。

 

たしかに、四間飛車三間飛車中飛車・向かい飛車から選べるだろう。

角交換しない旧式(ノーマル型)と角交換する新式も選べるかもしれない。

 

だが、その後は居飛車のあらゆる対策に細かく対応していかなければならない。

居飛車側は1つの対策だけで戦えるが、振り飛車側はすべての変化を押さえる。

 

さらにいえば、振り飛車相互に互換性があって、他の振り飛車も知る必要が出る。

振り飛車も少しは定跡化が進んできたので、こちらも無関心ではいられない。

 

というわけで、居飛車党か振り飛車党かを選び、戦法を絞り込んだ方がよい。

仮にオールラウンダーを目指すにしても、まずは1つの戦型に通暁した方がよい。

 

谷川浩司会長は、まずは1つの得意戦法を身につけることを奨めている。

定跡は体系だから、1つを徹底的に掘り下げた方が地力もつくというものだ。

 

棋譜並べでオールラウンダーを目指し、定跡で専門家を目指す。

棋譜並べはジェネラリスト用の教養、定跡はスペシャリスト用の知識だ。

 

さしあたり、以上が私シュうぇッチマンの骨太の方針である。

 

【本日のまとめ】

・定跡の勉強は不急である。

・定跡はあれこれやるな。1つに絞れ。