読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

定跡(5)

ビリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

定跡(5)

 

卓球の話。福原愛ちゃんを応援。

が、プレッシャーもあるのだろうけれど、粘りが足りないと感じた。

こりゃ、相手が嫌がることを分かっておらんな、と。

 

将棋も、卓球も、相手との対話だということを忘れると、どえらいことになる。

オリンピック選手に対して、生意気かもしれないけれど。

 

でも、その後はすばらしい!

団体女子、銅メダルおめでとう!

 

将棋トレーニングは、整備すれば、スポーツ選手のメンタルにも有効だと思う。

 

 

f:id:Shouldgo:20160902200628j:plain

定跡とは、体系なり。

昔、誰か偉い人が言っていたらいいなあ。

 

言っていなければ、不肖シュうぇッチマンが「いただき」ということで。

 

さて、定跡書は、まず楽しい目次作りから始めよ。

と、昨日は、ここまで書いた。

 

本日は、その実践編。

論より証拠で、さっそく私シュうぇッチマンのノートを覗いてみよう。

本日のポイントは「言語化」。

 

(引用はじまり)

 

第1章 △8五歩早突き型

石田流に対して、角道を開けたらすぐに飛車先を伸ばしてくるパターン。

通常の振り飛車なら、角を上がれば済むところ、ここでオリジナリティを発揮。

対策には、菅井流・稲葉流・鈴木流・久保流・升田流などがある。

1 1 ▲7六飛型(菅井流)

~△8五歩▲7六飛△8八角成▲同銀△4五角▲6六飛~

【新しい指し方▲7六飛】

すぐに仕掛けるでもなければ、居玉を避けるでもなく、飛車を浮く。

筋違い角には飛車が1つだけ寄り、竜の成り込みを目指す。

角はど真ん中に据え、飛と交換。囲いは王手されての中住まい。

【参考】菅井本・久保本

【実戦例】菅井ー谷川戦

 

(引用おわり)

 

このノートの特徴は、3つある。

 

第一は、徹底的に言語化されている。

言語化の際、字数は3行、符号は使わないという暗黙のルールがある。

玉、それから大駒の動きを中心にまとめる。

( もちろん、別に符号でもメモをとっておく。 )

 

第二は、カテゴリー化が徹底している。

全体と部分の関係を、常に明確化するよう心がける。

型は、必ず命名する。符号と言語によって、二重にラベル化する。

記憶のよすがとして、書籍の元々の小見出し等も引用しておく。

 

ナンバリングも必須。

「1 1」の意味は、最初の1が1節、次の1は通し番号。

つまり、後者は全27のうちの1という意味。

ちなみに、後者は手書きでは丸付き数字である。

 

第三は、他の棋書や棋譜との連関を記している。

もちろん、この欄は学習が進んだ後、事後的に増補してもよいだろう。

あれば自身の対局ともリンクを貼っておくとよい。

 

将棋は、理系的なものと思われがちだ。

だが、上達に大事なのは、やはり二者択一しないことだ。

理系的な要素と、文系的な要素とを総動員しなければ、成長はない。

 

ラベル化は、典型的な理系思考。

言語化は、典型的な文系思考。

 

*ラベル化については、下記を参照。言語化については、適書なし。

鎌田浩毅『ラクして成果が上がる理系的仕事術』(2006、PHP新書

 

ラクして成果が上がる理系的仕事術 (PHP新書)

ラクして成果が上がる理系的仕事術 (PHP新書)

 

 

 プロ棋士は、言語化せずとも理解できるから、後者が欠ける。

後者が欠けると、ラベル化自体も魅力(感動)の薄いものになる。

 

将棋が女性に普及しないのは、文系思考が著しく不足しているから。

私たちは、将棋をもっと言語化する工夫が必要である。

 

音楽は楽譜が読めなくても、楽しむことのできる文化がある。

しかし、将棋は棋譜が読めないと、楽しむことのできない雰囲気を醸す。

 

最近、バラエティに出演される加藤一二三 大先生(愛称・ひふみん!!)

「神武以来の天才」は、おそらく、このことを見抜いていらっしゃる。

 

言語化をさらに推し進めた「イメージ化」は、非常に重要である。

 

「見る将」や「女性」を意識するだけではない。

私たちの「初段」のためにも「言語化」というものを見直してほしい。

 

藤井猛九段の「将棋は言語だ」は、至言である。 

 

《将棋の読みは言葉です。手を読むのは頭の中で駒がUFOみたいに飛ぶ

わけじゃなくて、言葉で考えているんですよ。だから言葉が重要になる。

僕の場合は読書をしたあとは手がよく読める。》

 

バカの一つ覚えのように「脳内将棋盤」の語ばかり唱えていてもダメ。

将棋界でも(理工系も!)「言語論的転回」(linguistic turn)が必要だ。

 

要するに、言語なしでは、何もできないということ。

イメージと読みの将棋観2

イメージと読みの将棋観2

 

*石田流づかいは、本書第1章テーマ3「先手石田流には何で臨む?」も要参照。

 

【本日のまとめ】

・定跡の目次づくりは、符号だけに頼らない。

・積極的にカテゴライズし、ラベルを貼り、言語化を図る。