ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

詰め将棋(1)

ビリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

詰め将棋(1)

 

まさか北海道に台風が複数、上陸することになるとは!

JRがほとんど全てストップして、親戚の車を運転して移動するはめに。

 

農作物の被害が心配である。

 

 

f:id:Shouldgo:20160902200628j:plain

さあ、棋譜並べ、定跡と来た。

いよいよ詰将棋の出番である。

 

1つひとつの勉強法を見直すことは、非常に重要なこと。

 

まず、棋譜並べで、総合力を見直した。

次に、定跡で、新しい得意戦法を身につけ、序盤を見直した。

さらに、詰将棋で、終盤力をアップすれば、まさに鬼に金棒であろう。

 

将棋の勉強法といえば、詰将棋と言っても過言でない。

もし棋譜並べ、定跡を勉強しても強くならなければ、詰将棋をしよう。

 

詰将棋の長所は、正解があること・読みが必要なこと・盤面が小さいことだ。

移動中の時間や隙間時間を活用して、気軽に解けるところも長所だろう。

 

第一の、正解があることは、 棋譜並べや定跡にも共通する。

しかし、詰将棋の正解は、唯一無二という点において比類ない。

 

しかも、それが即、勝利に結びつくのだから、ないがしろにできない。

ゴルフで言ったら、パットの技術である。

サッカーで言ったら、シュートの技術である。

 

将棋が強い人は、間違いなく、終盤が強い。

コンピュータに至っては、名人より強いこともあるが、終盤が正確だ。

 

この終盤にめっぽう強いと評判になるほどの自身の姿をイメージしよう。

 

第二の、読みが必要なことは、棋譜並べや定跡との違いである。

これまでの勉強法も読みを軽視するわけではないが、比重は軽かった。

詰将棋は、読みの力を鍛える意味でも、非常にすばらしい。

 

大事なことは、あらゆる変化を読むこと。

正解手順だけでなく、相手の受けなども全て読み切ろう。

解説に載っていない変化もあるので、そこまで読む習慣は大事である。

 

第三の、盤面が小さいことは、最も強調しておきたい。

というのも、従来の勉強法では、ほとんど触れられていないからである。

 

よくある質問に、「何手詰めを解けばよいのか」というものがある。

気持ちは分かるが、はっきりいって愚問。

 

実戦で出てこない長手数は不要だとは答えられる。

だが、実戦で出てくる可能性のある手数はすべて必要である。

 

そもそも手数でポイントが違うというルールはない。

どんな手数でも解けという答えしかないだろう。

 

ただ、1つだけアドバイスするとしたら、こうだ。

「トータルの手数にこだわれ!」

 

どういうことか。

3手詰めを解いて、9手詰めも解いたら、計12手。

3手詰めを4題解いても、やはり計12手である。

 

つまり、短手数か長手数か、という二者択一も、選ばないというわけ。

長手数を1題解くもよし、短手数をたくさん解くもよし。

 

長手数に苦手意識があるなら、短手数の数を増やそう。

長手数に苦手意識がないなら、量より質で、名作に取り組もう。

いずれにせよ、総手数のノルマを決め、シコシコと記録にとろう。

 

ちなみに、ノルマは「1日何手」より、「1か月何手」のほうがよい。

それは次の話題とも関連する。

 

すなわち、他の勉強との兼ね合いだが、詰将棋の特訓タームを設けよう。

このターム(時期)は、他の勉強を一切しない。

つまり、棋譜並べも、定跡も、きっぱり中断する。

ひたすら詰将棋だけに没頭しよう。

 

これには、科学的な根拠がある。

9×9の盤は広すぎるため、5×5くらいの詰将棋を4か月やる。

そうすると、脳が活性化するとの研究結果があるのだ。

 

囲碁の九路盤のようなものとお考えいただきたい。

もちろん、同様の理由で、5五将棋も、非常に有効である。

詰将棋も盤面を広く使うタイプがあるが、現段階ではおすすめしない。

 

4か月が長すぎるなら、100日でもよい。

この期間は、ひたすら5×5の将棋盤と向き合おう。