読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

詰め将棋(5)

ビリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

詰め将棋(5)

 

f:id:Shouldgo:20160902200628j:plain

詰将棋を解いていて、感動したこと。

あるいは、詰将棋のように相手玉を詰まして、感動したこと。

 

詰将棋の練習は、こうした感動とダイレクトにつながっている。

 

 

私シュうぇッチマンが最も感動したのは、目をつぶって解けたとき。

しかも、解いた詰将棋が難解作だったから、喜びもまたひとしお。

 

昔々、目をつぶって楽器を弾く美しい女性に畏れに近い憧れを抱いていた。

しかし、私シュうぇッチマンには、どうしてもそれができない。

 

目をつぶるということは、音楽に集中すること。

将棋も同じで、目をつぶると、「ダイブ」する(潜る)ことができる。

むろん、言わずと知れた柴田ヨクサルハチワンダイバー』の比喩である。

( 最近は将棋漫画が増えたなあ。 )

 

  

ハチワンダイバー パーフェクトエディション DVD-BOX

ハチワンダイバー パーフェクトエディション DVD-BOX

 

 

羽生善治さんは、少年時代から目をつぶって考えていたそうである。

私シュうぇッチマンも最近は目をつぶって考えるようになってきた。

 

棋譜並べのトレーニングがここでも生きる。

 

ところで、脳内将棋盤が無いときには分からなかった事実を書こう。

目をつぶって考える方が、速くて、正確であるという事実がそれだ。

 

現実の盤面は、鉄格子のように、ひどく重い。

存在の重みが、かえって邪魔くさく感じる。

 

もちろん、現局面はしっかり見なければならない。

けれども、可能性を考える際には、現局面はむしろ障害になる。

 

目をつぶれば、自由度が上がって、気持ちが良い。

集中するとは、こういうことだったのかと気づく。

 

詰将棋は、盤駒を使わないのが基本と言われている。

しかし、印刷された図面すら使わないのが最善と思う。

 

低級者の方は「そんなのできるわけない」と最初から拒否の構えだろう。

しかし、待ってくれ、ビルの屋上から飛び降りるわけではない。

何度か、試しに、気楽にやってみてはいかがだろうか。

 

【脳内将棋盤で詰将棋を解く手順】

 

(1)初形を盤駒で並べ、符号で読み上げる。

(2)キッチンタイマーを5分(問題にもよるが)にセットする。

(3)現局面をできるかぎり鮮明に記憶する。

(4)鮮明に記憶したら、駒を片付け、盤だけにする。

(5)盤も片付けて、お風呂に入る。

(6)解けたら、お風呂から上がり、ビール(未成年は珈琲牛乳)を飲む。

(7)盤駒を使って復習する。

(8)脳内将棋盤でも復習し、繰り返し反復する。