ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

終盤力(2)

ビリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

終盤力(2)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

終盤は、詰将棋より「総合力」が大事と書いた。

 

もちろん、詰将棋ができなければ、総合力を発揮できない。

だから、詰将棋は前提となる基礎力、といえる。

だが、あくまでも前提であり、基礎に過ぎない。

 

終盤の総合力には、6つある。

速度計算、攻防手、囲い崩し、必至、凌ぎ、詰みである。

 

このうち、最初は速度計算を取り上げよう。

速度計算には、終盤の入口のそれと、出口のそれがある。

 

まず本日は、終盤の入口(中盤の出口)の問題にテーマを絞ろう。

相手より先に、終盤モードに「ギア・チェンジ」できるかどうか、だ。

 

しかし、これは一言でいえば、心構えの問題ということに尽きる。

常に終局、終了図をイメージしているかどうか。

 

序盤の時点で、すでに終了図をイメージしよう。

誤解しないでほしいが、読みではなく、イメージである。

漠然とでもよいので、彼我の陣形を見比べながら、攻略法を夢想する。

 

中盤の時点でも、終了図をイメージしよう。

序盤の構想とは異なるイメージになるが、随時、修正していく。

イメージはあくまで仮説だから、とらわれ過ぎてはいけない。

 

できれば1つのイメージでなく、複数のイメージを構想する。

極端な方がよい。天国図、そして地獄図。

 

それでは、中盤の出口=終盤の入口とは、具体的にどこか。

これは、言語化するのが非常に難しい問いである。

 

だから、振り出しに戻って、棋譜並べに精励せよとしか、言えない。

強いて言葉にすれば、大駒を切るタイミングが見えた時、だろうか。

 

間違えてはいけないが、「実際に大駒を切る」では、断じてない。

正確にいうと、「大駒を切るチャンスが出てきた時機」である。

 

言うまでもなく、飛車や角行という駒は、非常に価値が高い。

それを切るとは、「駒の損得よりスピード」重視の瞬間を意味する。

 

もう一つ、攻めが続くかという基準もある。

相手が防戦一方になる間に、なるべく着地(詰み)に有利な状況を作る。

 

むろん、一気に詰ますことはできない。 

しかし、一気に終盤の出口までつながる通路が見えれば、しめたもの。

 

静慮断行。

行くと決めたら、中盤の出口で、小技や駆け引きを絡めておく。

準備工作が大切で、ためて、ためて、爆発が好ましい。

 終盤の入口の、数手前に意識を置いておきたい。

 

相手の構想を封じる工夫も必要。

スピードで相手を置き去りにしたい。

そのためには、自分が急ぐだけでなく、相手を遅らせる。

 

相手が温泉気分、中盤気分でいるところを一気に抜き去る。

最後まで相手が中盤気分でいる終了図は、愉快極まりない。

( その反対は、ショックがでか過ぎて、寝込む。 )

 

とにかく、間合いを、はかる。

あまりに独断が過ぎると、ひどい目に遭うことも。

 

終盤の入口は、柔道の技をかける瞬間によく似ていると思う。

大技がかかりそうな瞬間の少し前に、心の準備ができているか。

 

ここに無自覚だと、勝率は落ちるだろう。

ここに自覚的だと、勝率が上がる。 

 

精神論に聞こえてしまったなら、謝りたい。

言語化の難しい繊細な領域なので、言語か将棋のプロに教えを請いたい。

 

【本日のまとめ】

・終盤の入口を意識しよう。

・序盤、中盤の時点でも、終盤を想定しておく。

・大駒を切れるタイミングが、終盤突入のサイン。