ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

終盤力(3)

ビリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

終盤力(3)

 

f:id:Shouldgo:20160902200628j:plain

総合的な終盤力の1つ、速度計算には2つある。

1つは終盤の入口のそれ、もう1つは終盤の出口のそれ。

 

前者はすでに述べたので、後者について触れる。

前者が曖昧なのに対し、後者は緻密以外の何者でもない。

 

お互いのカウントダウン。

 

▲3・2・1・詰

△2・1・詰

 

これなら、後手の一手勝ち。

どちらが先に詰ませられるかが、将棋というゲームである。

 

考え方として、まず自玉の安全を読む。

先に敵玉を読む人がいるが、これは誤り。

敵玉しか見ていない人は、もっと誤り。

これでは、どれだけ実戦を積んでも、無意味といえよう。

 

自玉の詰みが見えていない者は、蟄居せよ。

で、詰め将棋の図面を逆さまにして、千本ノックじゃ。

 

あくまでも彼我の相関から、答えを導き出す。

詰将棋と実戦は、ここが決定的に違う。

 

自玉が詰めろ(次に詰み)なら、選択肢は3つ。

1.相手を詰ます。

2.詰めろ逃れ。または詰めろ逃れの詰めろ。

3.相手を間違えさせる。

 

自玉が必至(次に必ず詰み)なら、選択肢は3つ。

1.相手を詰ます。

2.相手を間違えさせる。

3.投了。

 

初段以下は、この基本ができていない。

これは断言していい。

 

プロの解説を聞いていると、「詰めろ/詰めろじゃない」ばかり。

私たちも、常に詰めろかどうかを意識する必要があるのだ。

 

ただし、ここまで出来ているだけで満足するのは惜しい。

ここまで切羽詰まる前に、計算しておきたいからだ。

 

その際に重要なのは、単純計算の技術である。

コツは、一方的に手を進めてみること。

 

△1五歩△1六歩△17歩成△1八と まで4手で後手勝ち

 

このように、相手の手だけを進める。

ノーガードが前提なので、単純計算と呼ぶわけだ。

 

次に、こちらの手だけを進めてみる。

こちらが3手以内なら、単純な攻め合いで勝てる可能性もあるだろう。

 

もちろん、次に、お互い攻めたり守ったりの順を考えなければならない。

手数の計算が逆転する順を読んでいくわけだ。

 

最後に「絶対詰まない形」についても触れておこう。

業界用語「Z」あるいは「ゼ」と呼ばれる形である。

 

これは早指しにおいて特に有効だ。

計算が楽になるから。 

Zの法則 (マイナビ将棋文庫21)

Zの法則 (マイナビ将棋文庫21)

 

 

自玉が絶対詰まないと分かれば、相手玉に詰めろをかければ勝ちだ。

これは現代将棋の最も進化したところでもある。

 

・昭和前期 詰みがあっても詰まさない。

・昭和後期 詰みがあれば詰ます。

・平 成  詰みがないようにして安全勝ち。

 

終盤の進化は、谷川浩司九段の「光速の寄せ」出現を起源とする。

 

 

そして最近は、光速の寄せを炸裂させない予防的な将棋が多い。

 

その立役者が、穴熊囲い。

穴熊については、囲い崩しのところで、改めて述べることにしよう。

 

【本日のまとめ】

何はともあれ、自玉の安全ファースト