読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

次の一手(3)

ビリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

次の一手(3)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

「次の一手」は、基礎固めに有効である。

他方、応用力を養うにも有効であるだろう。

 

妙手を発見する。

将棋の楽しさは、これに尽きると言っても過言でない。

 

基礎ばかり繰り返して、「感動」がなおざりになってはいないか。

これは絶えず問い直しておく必要がある。

 

その点、高段者向けの「次の一手」は、妙手発見の喜びに満ちている。

普段から取り組んでおくと、実戦でも妙手一閃、気持ちよい思いができる。

 

私シュうぇッチマンは、かつて「次の一手」の比重が非常に小さかった。

ところが、「次の一手」に取り組むようになって、強くなった。

 

凡庸な手の積み重ねでも、将棋は勝てるのかもしれない。

しかし、妙手を放って勝つ喜びを捨てるのは、いかがなものか。

また、相手に妙手を放たせて負ける悔しさも、堪えるものである。

 

妙手を放って、勝利!!

妙手を封じて、勝利!!

 

これが目標の方におすすめするのが、段級位認定問題。

将棋世界』『将棋講座』はもちろん、新聞などにも載っている。

 

郵便局へ行き、往復はがきを10枚くらい、まとめて買ってこよう。

そして、宛名と差出人を、ペンで書き込んでしまう。

そうすれば、退路封鎖の完成、毎月投函せざるを得まい。

 

実際に免状を取得するかどうかは、そのときに考えればよい。

将棋ウォーズや大会で段を取ると決めているなら、それでもよいだろう。

 

ただ、そうだとしても、真剣に手を読む習慣が身につく意義は大きい。

ふとした瞬間や寝ながら局面を考え、投函する直前に迷い出す。

あなたがおじさんなら、恋文を投函するときの甘酸っぱい黒歴史を思い出す。

ともあれ、往復はがき104円で、これだけ脳が支配されるのなら、お得だろう。

 

【本日のまとめ】

・妙手を指せるように、段位認定問題に挑戦しよう。

・往復はがきを買って出資すれば、真剣度も上がる。