ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

駒落ち(2)

ビリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

駒落ち(2)

 

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

駒落ちの相手がいない。

駒落ちの悩みは、ほぼ、この一点に尽きる。

 

初心者のころは、もう1つ、プライドも邪魔をするか。

駒落ちを志願しない、平手で挑もうとする。

自身の棋力を把握できないからだ。

 

しかし、これは非常にもったいないことではないか。

もし初心者でこれを読んでいるのなら、駒落ちを指すべきだ。

 

私シュうぇッチマンは、このことを猛烈に悔いている。

師匠(故人)には、謙虚に駒落ちで教わればよかった、と。

 

初心者でない人は、どうするか。

もし身近に、駒落ちで教えてくれる高段者がいれば、飛び込もう。

もし私シュうぇッチマンに駒落ちで挑む人がいれば、歓迎する。

 

ただ、現実問題、駒落ちの相手は、なかなかいないのが、実情である。

実力差があっても、駒落ちにとはなりにくいのが、今の世の中。

 

将棋倶楽部24の自由対局室で、アタックし続けると、時々受けてもらえる。

ただ、なかなかうまく「商談」がまとまらないのも、事実。

 

そこで、おすすめしたいのが、将棋ソフトの導入。

今や北陸先端大の教授で人工知能の研究者である人の話を傾聴しよう。

飯田弘之六段、曰く、1台の家庭用PCなら「激指」が強い。

 

最近のソフトは、本当に強い。

しかし、ソフトは文句を言わないのが、偉いところ。

しかも、どんな局面でも、妥協しないし、へこたれない。

駒落ち対局には、もってこい、なのである。

 

そうはいっても、駒落ちだから、こっちは勝たなければならない。

負けるのは、こっちが弱いから。ケアレスミスをするから、だ。

対人間と違って、駆け引きはない。

 

だから、ソフトを使い、ケアレスミスを限りなく減らしていく特訓をする。

 

とりあえず、激指の棋力を最強に設定し、30番勝負を挑んでほしい。

手合いは、あなたの棋力にもよるが、二枚落ちか、四枚落ち。

時間は15分で、切れたら30秒の、将棋倶楽部24の設定に従う。

 

◆全勝~3敗=もうすでに三段以上のレベルのはず。

◆4敗~6敗=もうすでに二段以上のレベルのはず。

◆7敗~10敗=もうすでに初段以上のレベルのはず。

◆10敗以上=棋力・知識・集中力・注意力のいずれか(すべて)が不足。

 

10敗以上するなら、2勝1敗ペースにまで高めたい。

勝率.666なら、確率として、誇ってよいレベル。

プロ棋士でも、6割以上勝てば、強い棋士

将棋ウォーズで3局指す人も、2勝1敗ペースは、意識すべき数値だ。

 

激指との駒落ち30番勝負、第1の目標は、勝率.666の20勝也。

 

第2の目標は、連勝力。

将棋ウォーズは、連勝できるかどうかが、大きい。

将棋倶楽部24ならあまり関係ないが、連勝すれば、気分はよかろう。

連勝すれば、爆発的に成長している実感も得られ、自信になる。

大会はトーナメントが多いので、やはりアマには連勝力が必須。

 

というわけで、連勝記録も常に取ろう。

自身の最高連勝記録は〇連勝とノートに書いておく。

 

最高記録を更新したら、ノートに号外、ニュース速報を書く。

そして、ご褒美の美酒だ。

プレミアムビールにするか、高いワインを空けてしまうか。

甘党の方は、気前よくケーキでも買って奥さんを喜ばそう。

ビリギゃルは、何が喜ぶのかねえ。

 

連勝記録が止まったら、悔しがろう。

コンピュータ相手だと、悔しくないというのが一番いけない。

こっちとくらあ人間だから、悔しさというバネになる「感情」も必要。

罰金を設けてもよいだろう。学生なら、勉強の刑もあり。

 

ちなみに、激指との勝負は、最終的には1000番を目標とする。

むろん、豊島将之七段が電王戦で練習した局数であることは言うまでもない。

ちなみに、対コンピュータ戦に強いアマは、3万局指したと言われている。

ニコニコ生放送での森下卓九段の談。)

 

1000番~30000番、それだけ打ち込めば、初段はおろか、三~四段になれる。

当たり前だが。 

マイナビ 将棋レボリューション 激指14