読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

駒落ち(4)

ビリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

駒落ち(4)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

実戦だけでは、ダメ。

これは将棋上達の鉄則である。

 

アマチュア電王戦(駒落ち30番勝負)を、感想戦付きで、繰り返す。

これも大事だが、ある程度の番数をこなしたら、定跡を学ぼう。

 

私シュうぇッチマンは、駒落ち定跡のマニアかもしれない。

駒落ち定跡を貪るように学び、数少ない棋譜を並べるのを喜びとす。

 

駒落ちの定跡は、平手の定跡とは明らかに違う。

互角ではなく、必勝に近づくわけだから。

真理や本質に近づく、と言い換えてもよいくらいだ。

将棋の原理原則に即した学び。それが駒落ちの定跡学習である。

 

二枚落ちなら、まず二歩突っ切り、銀多伝の二枚看板を修める。

四間飛車定跡(真部一男)や四間飛車定跡(阿久津主税)も。

さらに、上手の側から裏定跡(所司和晴)にも手を広げよう。

最後は、平手定跡(高橋道雄)まで、みっちり学ぶ。

 

基本的に、駒落ち定跡は、上位互換。

六枚落ち、四枚落ちに、二歩突っ切りを使っても有効。

二枚落ちに、平手の定跡を使っても大丈夫。

その点、高橋九段らの平手定跡も、学び甲斐があると思う。

 

将棋大観

将棋大観

 

  

【決定版】駒落ち定跡

【決定版】駒落ち定跡

 

 

新・駒落革命

新・駒落革命

 

  

駒落ちの教科書 八枚~二枚落ち編

駒落ちの教科書 八枚~二枚落ち編

 

 

二枚落ち裏定跡 (パワーアップシリーズ)

二枚落ち裏定跡 (パワーアップシリーズ)

 

 

駒落ち新定跡 スーパー将棋講座

駒落ち新定跡 スーパー将棋講座

 

 

棒銀と中飛車で駒落ちを勝て! (NHK将棋シリーズ )

棒銀と中飛車で駒落ちを勝て! (NHK将棋シリーズ )

 

 

これらの定跡を「すべて学べ」という人は、少数だろう。

ひょっとしたら、私シュうぇッチマンが世界で最初の提言者かもしれない。

なぜ学ぶとよいかというと、将棋の攻めと受けの絶対感覚が身につくからだ。

 

補足すると、あらゆる有利/不利な状況から勝ちきる力をつけたいから。

つまり、定跡の力で勝つのでなく、なぜその定跡になるかという原理を学ぶ。

 

山登りに喩えると、すべてのルートから登頂する経験を持つのに近い。

そうすると、あらゆるサバイバルを経験して、地力がつくのだ。

 

大山康晴十五世名人も、木村義雄十四世名人の『将棋大観』を学んだ。

というより、当時は、棋書なんて、それくらいしかなかった。

しかし、それだけでも、十分強くなれたわけだ。

この事実を、棋書や情報が豊富な現代は、かえって見落としていまいか?

 

ダメな例からも、説明しておこう。

ある定跡を使ったら、激指に楽勝できることが判った。ここで質問。

その定跡を繰り返して連戦連勝し、勝ち星を積むことに意味があるか。

答えは、もちろん、否だろう。要するに、そういうことなのだ。

 

なるべく多様な戦法を用いながら、苦労し、試行錯誤しながら勝つ。

これが地力をつけるために、非常に大事なことなのだ。

中には一つの得意戦法で勝てるようになって自慢される方がいる。

けれども、これでは厳密な意味で、トレーニングにならない。

 

麻雀の二階堂亜樹プロが書いていたが、自身に制約をかけるのがコツ。

薄い玉で勝つとか、入玉して勝つとか、一手違いで勝つとか。

短手数で、駒得して、先に成り駒を作って、大駒を切って勝つ、等々。

将棋もいろいろと制約をかけ、遊びながら、強くなるのが大事だと思う。

 

あらゆる戦法を覚え、全て、ぜ~んぶ試してみる。

そういうことをやっていたら、いつの間にか、千番こなせてしまう。

 

猛特訓だろうが、決して苦行ではない。

知らない定跡=必勝法と出会うことは、本当に楽しい。楽しむことだ。

 

最後に、とっておきの本の紹介を。

 

駒落ちのはなし

駒落ちのはなし

 

 

これは編集はあまりよくないのだが、それでも名著である。

★★★★★というくらいの名著であり、必読である。

 

巻頭の灘定跡からしてすでに面白い。

故・灘蓮照九段は、『将棋マガジン』の読者を相手に四枚落ちを指した方。

この荒法師、なんと11勝1敗だったという。

 

巻末の木村一基八段との角落ち戦の棋譜も並べるとよい。

角落ちの上手は受けの力が要求される。

木村八段と角落ちの組み合わせは、最高におもしろい。