読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

駒落ち(5)

ビリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

駒落ち(5)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

下手だけでなく、上手も指す。

これが、初段以上を目指す人の、駒落ち勉強法かと。

 

下手側は、必勝なわけ。

少なくとも、原理的には。

 

ということは、上手側は必敗なわけ。

少なくとも、原理的には。

 

そのような必敗のところから逆転していく力。

これこそが「強さ」に直結する力である。

 

必敗の時は、「駒落ち上手の練習」と自身に言い聞かせるべし。

 

逆転のメカニズム (マイナビ将棋BOOKS)

逆転のメカニズム (マイナビ将棋BOOKS)

 

 

逆転のテクニック (将棋連盟文庫)
 

 

ちょいワル逆転術の山崎隆之八段。

そして泥沼流の米長邦雄永世棋聖の逆転本も、役に立つだろう。

前者は、形勢判断の力がつく。

後者は、駒落ち棋譜が載っていて参考になる。

 

ただし、これらは人間相手の話。

ソフト相手に逆転術など存在しない。

われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る

われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る

 

名人経験者の会長も、コンピュータには敗れてしまったわけで……。 

 

私たちが目指すのは、精密機械の域に一歩でも近づくこと。

そして、勝率を一分でも、一厘でも、向上させることである。

 

だから、駒落ち上手の稽古にも、激指を使う。

しかも、棋力は最強に設定。

当然、勝てない。勝てるわけがない。

しかし、そこでなるべく崩れない訓練をする。

言い換えれば、均衡を保つ訓練をする。

 

大切だから、2度繰り返す。

崩れない訓練をする、均衡を保つ訓練をする。

 

逆転には2種類あり、1つは均衡を保つ、で、もう1つが逆転する、だ。

いきなり逆転するのではなく、離されないようにして、勝機をうかがう。

この訓練にも、駒落ちは非常に有効だ。

 

ただし、六段とか七段とかプロ設定ばかりだと、メンタルが持たない。

潤いを失い、荒れた皮膚のように、心がすさんでしまう。

人間は脆く、負け続けることに堪えられるようにはできていない。

 

そこで、しばらくすると、14級設定にして戦う。

こだわるべきは、完璧に勝つこと。

そして徐々に級位を上げていき、どこまで行けるかを試す。

むろん、二枚、飛香、飛、角、香と落とす駒を増やしてもいい。

 

自信を取り戻したら、自分の級位あたりの設定にして戦うのも一興。

自分の級位が将棋倶楽部24の3級なら、3級と駒落ちで戦う。

将棋倶楽部24の3級なら、実際の棋力は初段くらいあるはず。

だから、ミスさえしなければ、手合い違いとは言えないだろう。

五分以上の戦績、できれば六割の勝率を目標としたい。

3級で連敗したら、4級にするし、連勝すれば2級にするという具合に進める。

 

「弱・中・強」(「緩・中・急」)の3種で練習する。

これは将棋以外にも適用できるメソッド。

「弱(緩)」は丁寧に、フォームを見つめ直すために行う。

「強(急)」はトップレベルの戦いに挑むために行うというふうに。

 

【本日のまとめ】

・あえて最強レベルを相手に上手側を持ち、均衡を保つ。

・自身の棋力を相手に上手側を持ち、五分以上の戦績を収める。

・最弱レベルを相手に上手側を持ち、完璧に勝つ。

 

【おまけ:駒落ち棋譜について】

 

駒落ちは、棋譜の数が少ない。

プロや出版関係者には、この点、もう少し考えていただきたい。

 

最高のおすすめは、将棋年鑑の記念対局。

名人の角落ちは、勝敗はともかく、非常に参考になる。

 

天野宗歩も、別格のおすすめ。

あとは、こういうものもある。 

つるの将棋女流七番勝負

つるの将棋女流七番勝負

 

  

つるの将棋七番勝負

つるの将棋七番勝負

 

 

 つるの剛士さんは、本当に強くなった。

囲碁将棋チャンネル時代は弱かったのに、NHKに出ると強くなった。

 

ついでにいうと、乃木坂46伊藤かりんさんも、強くなった。

最初の民放のころはひどかったのに、NHKに出ると強くなった。

 

お忙しい中の研鑽、ぜひとも見習いたい姿勢である。