読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

秒読み(1)

ビリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

秒読み(1)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

将棋関連の論文を読んだことがおありか。

将棋に限らず、論文は役に立つことが少なくない。

 

将棋の場合、論文とは人工知能に関するものばかり。

何という偏りよう!

 

が、それだけ熱心な研究によって、コンピュータの進化があるのだ。

 

これらの論文は、ときに将棋上達の参考になる。

そのなかでも、最も興味惹かれるのが、3秒~6秒理論である。

プロ棋士の視線を研究した結果、最低でも判断に3~6秒かかるらしい。

 

私たちアマチュアは、ノータイムでも6秒以上は考えた方がよさそうだ。

こう、ソロバンを弾き出す。

 

プロでも時間の管理は、超重要事項である。

NHK杯将棋トーナメントを見ていても、プロも考慮時間を残している。

やはり秒読みは、トッププロであっても怖いのだ。

 

ならば、我々アマチュアは、なおのこと、時間対策が求められる。

秒読みを制するものが、アマ棋界を制すのだ。

 

秒読みの訓練は、理論的に言って、6秒指しに尽きる。

10秒将棋で、常に6秒でピシッと指す訓練を積もう。

 

棋譜並べでは、メトロノームか対局時計を使う。

6秒で1手を指そう。

 

激指の二枚落ちでも、時間を10秒に設定する。

棋力は、自身の将棋倶楽部の棋力マイナス2級に設定しよう。

現在3級なら5級に設定する。現在6級なら8級だ。

いわゆる接待モードだが、時間の制限も厳しいので、均衡はとれる。

 

狙いは、秒読みに強くなること。この一点。

制約は、必ず6秒で指すこと。

5秒も7秒も、アウト。7秒は潔く投了。

 

6拍子の音楽のように、常に厳しく一定のリズムを刻むべし。

小太鼓奏者のように。 

 

この時間感覚を、とにかく身体に叩き込み、染み込ませよう。

そのためには、何百局、何千局指しても、指し過ぎということはない。

  

繰り返す。

強くなりたいなら、6秒指しを世界で一番たくさん指すこと。

そう誇り、自信を持てるまで、6秒指しに打ち込もう。

6秒の筋トレで、みるみる下半身がやせる本

6秒の筋トレで、みるみる下半身がやせる本

 

   

マンガ 6秒でわかる! 心理学

マンガ 6秒でわかる! 心理学

 

 

人を見抜く!―「6秒ルール」ですべてが変わる

人を見抜く!―「6秒ルール」ですべてが変わる

 

  

六秒間の永遠

六秒間の永遠

 

  

6秒の9月 (フラワーコミックス)

6秒の9月 (フラワーコミックス)

 

   

6秒間でストレスがとれる! (知的生きかた文庫)

6秒間でストレスがとれる! (知的生きかた文庫)

 

  

出会いは6秒で決まる

出会いは6秒で決まる

 

  

アンガーマネジメント×怒らない体操 たった6秒で怒りを消す技術

アンガーマネジメント×怒らない体操 たった6秒で怒りを消す技術

 

 

【本日のまとめ】

将棋は6秒で指せ。