読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

将棋ソフトの活用―スランプ脱出大作戦(4)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

将棋ソフトの活用―スランプ脱出大作戦(4)

 

f:id:Shouldgo:20160902200628j:plain

 

「よっ、大統領!」

ソフトを活用した接待将棋で、トランプ脱出。

否、スランプ脱出。めでたし、めでたし。

 

絶不調のときは、この方法で対処すればよろしい。

初心者レベルから、這い上がっていらっしゃい。

 

というわけで、ソフトの活用法は、次の3つである。

1.駒落ちの練習

2.時間・秒読み対策

3.スランプ脱出・自信回復

 

ここまで来て、日常の活用法について、補足しておく。

 

ゲーミフィケーション」という言葉をご存知だろうか?

何事も遊びやストーリーがある方が楽しめるというわけ。

そこで遊び要素を高める工夫についての補足。

 

実は、私シュうぇッチマン、実戦の比重を低くしている。

精神衛生上、よくないと思うから。

また、指し過ぎは、将棋を粗くする原因とも考えている。

スランプに陥る怖さを知っているから、ほどほどにしているのだ。

悟りの境地。

 

だから、ネット将棋からは、ほとんど足を洗っている。

たまに、将棋の大会に出場するくらい。

 

その代わり、棋力を維持するために、ソフトとは対局している。

どうして、そう飽きもせず、ソフトとばかり対戦できるのか。

それは、ヴァーチャルな奨励会ルールを適用しているから。

いわば、ゲームのゲーム化(!?)である。

 

奨励会とは、言わずと知れたプロの登竜門。

厳しい「奨励会規定」を、日本将棋連盟のホームページから引用しよう。

 

昇段、昇級

三段から四段への昇段は年2回の三段リーグに参加し、1・2位の成績を取ること。

初段~三段までの昇段点は、8連勝、12勝4敗、14勝5敗、16勝6敗、18勝7敗。

6級~1級までの昇級点は、6連勝、9勝3敗、11勝4敗、13勝5敗、15勝6敗。

 

降段、降級

三段リーグでの降段は、降段点(勝率2割5分以下)を連続2回取ると二段に降段。

二段以下の場合、2勝8敗以下で降段級点。これを消さない内に2度目を取ると降段級。

降段級点を消すには3勝3敗以上の星を収めなければならない。

 

これを踏まえて、自らの昇降級をかけて戦うわけだ。

もちろん、ソフトの段級と奨励会の段級は、まったく別物。

さらにもちろん、年齢制限は外しておくわけだけれども……。

 

まず二枚落ちなら二枚落ちで、激指6級と戦う。

6連勝したら、今度は5級と相まみえる。

9勝3敗ならば、今度は4級と戦う。

2勝8敗以下なら、3勝3敗で降級点を消しにかかる。

 

と、まあ、こんな感じで、枠をはめこんでいるのだ。

 

真剣に戦っている奨励会員の皆様には、申し訳ない。

が、こんな「奨励会ごっこ」も、案外、効果的なのである。

 

新四段は、概して勝率が高い。

それは奨励会の規則が優れているからだ。

自ら体験してみて、本当によくできたルールだと感心する。

高価なソフトでも、これならお釣りが来るだろう。

ここまで遊び倒すおっさんも、他にはいないと思う。

 

ゲームに組み込まれた本来の遊び心から離れているが、これが本当の遊び心。

どこかのゲーム会社、この制度を取り入れてみては、いかが?

奨励会物語」とかのタイトルで。わい、監修しまっせ。

I 羽生 a confidence!! 自信あり。

 

 

ゲーミフィケーション―<ゲーム>がビジネスを変える

ゲーミフィケーション―<ゲーム>がビジネスを変える

 

  

顧客を生み出すビジネス新戦略 ゲーミフィケーション (大和出版)

顧客を生み出すビジネス新戦略 ゲーミフィケーション (大和出版)

 

  

ゲームにすればうまくいく―<ゲーミフィケーション>9つのフレームワーク

ゲームにすればうまくいく―<ゲーミフィケーション>9つのフレームワーク

 

 

GAMIFY ゲーミファイ―エンゲージメントを高めるゲーミフィケーションの新しい未来

GAMIFY ゲーミファイ―エンゲージメントを高めるゲーミフィケーションの新しい未来

 

 

「仕事のゲーム化」でやる気モードに変える 経営に活かすゲーミフィケーションの考え方と実践事例
 

 

ウォートン・スクール ゲーミフィケーション集中講義

ウォートン・スクール ゲーミフィケーション集中講義

 

 

幸せな未来は「ゲーム」が創る

幸せな未来は「ゲーム」が創る