読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

観戦―いかに潜るか(5)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

観戦―いかに潜るか(5)

 

f:id:Shouldgo:20160902200628j:plain

 

師匠・好敵手・弟子。

ヴァーチャルで構わないので、この3人を決めよう。

 

プロの将棋か、アマの将棋か。

「二者択一は選ぶな」が、再三くり返すこのブログの哲学である。

 

プロの将棋ばかり観戦することには、一長一短がある。

たしかに本筋は身につくだろうが、俗筋に弱くなりかねない。

中級なら、初歩的な手や、奇襲含みの手に、やられてしまうことも。

 

そこで観戦派におすすめするのが、将棋倶楽部24の観戦である。

ここは棋譜の宝庫だが、見過ぎも却って毒なので、選択と集中が必要。

 

そこで、有段タブから「師匠」を1名、選出しよう。

高段だと強すぎる(プロもいる)ので、二~四段がおすすめだ。

 

スカウトになったつもりで、見て回ろう。

自身の目指す棋士を見つけたら、マークする。

 

いつも付きまとうとストーカーとして嫌われぬよう、要注意。

観戦だけでなく、棋譜も見て、強さの理由を探ろう。

対局数が多く、勝率の高い師匠の方がよい。

 

上級タブからは「好敵手」も1名、選出しよう。

すでにいるのであれば、それが一番よい。

観戦だけでなく、対局も挑もう。

 

中級タブからは「弟子」を1名、選出しよう。

観戦したり、棋譜を見たりして、弱さの理由を探ろう。

 

師匠や弟子だと、応援することができる。

つまり、自身の対局でないと身が入らないという観戦の欠点をカバーできる。

 

ライバルは、反対にその相手の側を応援することができる。

効果は同じだが、実際に戦うこともできるので、より深くコミットできる。

 

この3名の動向は、絶えずウォッチしておいて、ノートに記録しよう。

 

ちなみに、私シュうぇッチマンには、かつてネット上に好敵手がいた。

レートでも、フリーでも、対局しまくっていた。会話も弾み、愉快だった。

地震の後、連絡がとれなくなってしまったが、どうしているだろう?

 

実際に行き来し、リアルに対局したこともあり、よい思い出になっている。

最近の24は、昔に比べてチャットをしなくなっているので、寂しいかぎり。

 

将棋は、コミュニケーションのツールなんだけれどもなあ。

阿久津主税『将棋のチカラ』(2011年、白水社)参照。

 

将棋のチカラ

将棋のチカラ

 

 

【本日のまとめ】

・ネット上にヴァーチャル師匠・好敵手・弟子を持とう。

 

*原題「観戦のすすめ―新聞・テレビ・大盤解説会」を改題した。

 当初、ぬるいタイトルをつけていたセンスのなさをお詫びする。