読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

観戦―いかに潜るか(補遺その1)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

観戦―いかに潜るか(補遺その1)

 

f:id:Shouldgo:20160902200628j:plain

 

 

メディア・リッチ理論に照らすまでもなく、観戦もリアル対局に限る。

先手から、後手から、横から。

大会などは、いろいろな角度から観戦できて、楽しい。

 

とはいうものの、リアル対局をどう勉強に生かすか。

率直にいって、この部分では、いまだ定見を持っていない。

よって、補遺として、余白に記しておくゆえんである。

 

第一、たくさんの対局があると、どれを見ようか悩む。

私シュうぇッチマンは、一局を徹底的に見るより、あれこれ見る。

せわしなく歩き回って、いろいろな角度から。

 

多面指しの経験をするつもりで、ウロチョロしている。

 

昔、中原誠十六世名人の後ろをついて回った少年時代を思い出しながら。

多くの定跡や戦法、棋風を吸収することができる。

先ほどより数手進んでいるから、その間を補うのも勉強になる。

 

多面指しの上手が経験できるソフトがあればよいのだが。

あるいは、アマにも多面指しをやらせてくれるイベントを熱望したい。

ん? 自身で企画するか?? えーっ!!!

 

岡目八目で難しい詰みを指摘するのは、愉快だ。

対局者以上に真剣に読む。

対局中の助言は絶対にやってはいけないことだが、対局後に指摘する。

 

それはさておき、大会遊歩の真のねらいは、別の所にもあるわけで。

それはズバリ、癖の観察、だ。

 

無くて七癖。

ポーカーフェイスに見えて、各自さまざまな癖がある。

 

目の動き、手の動き、息づかいなど、結構、隙が見つかる。

癖というのは、「無意識」(フロイト)だから、本当に面白い。

 

昔、塾のバイトで試験監督していたとき、受験生の仕草を観察していた。

最初は退屈で眠いバイトだったが、観察を始めたら面白くなっていった。

右利き左利き、足の組み方ゆすり方、姿勢、手の動き、目の動き、等々。

で、休み時間の様子と、比較対照する。

人間観察は、コツさえつかめば、めちゃくちゃ面白い!

 

こればかりは、ネット対局では観察しえないレベルと言えよう。

プロの場合は、見抜かせないプロでもあるから、参考にならないし……

 

最も面白そうな対局の場合は、感想戦にも首を突っ込む。

いわば休み時間の廊下の様子を観察する教師みたいに。

悪く言えば、野次馬根性なんだけれども、ね。

深く潜るためには、やはり当事者になるのが一番!

  

人を見抜く技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 (講談社+α新書)
 

 

行動分析学入門―ヒトの行動の思いがけない理由 (集英社新書)

行動分析学入門―ヒトの行動の思いがけない理由 (集英社新書)

 

 

ビジネスマンのための「行動観察」入門 (講談社現代新書)

ビジネスマンのための「行動観察」入門 (講談社現代新書)

 

  

「行動観察」の基本

「行動観察」の基本

 

 

超・人間観察法―人を瞬時に見抜く達人になる

超・人間観察法―人を瞬時に見抜く達人になる

 

  

 

「しぐさ」を見れば心の9割がわかる! (王様文庫)

「しぐさ」を見れば心の9割がわかる! (王様文庫)

 

 

【本日のまとめ】

・対局者の癖を観察しよう。