読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

実戦―その徹底的な準備をめぐって(2)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

実戦―その徹底的な準備をめぐって(2)

 

f:id:Shouldgo:20160902200628j:plain

 

実戦で大事なのは、逆説的だが、徹底的な準備。

準備にもいくつかの段階があるが、その1つが練習試合。

 

練習試合にも、いろいろと階層があり、段階がある。

私シュうぇッチマンは、次の流れで練習試合を行う。

 

1)激指最強・二枚落ち・10秒 【三番勝負で2勝以上】

2)ハンゲームまたはSDINなど 【1局~数局で1敗以下】

3)将棋倶楽部24・フリー対局 【1局~数局で最後に1勝】

 

以上の3段階では、連敗がないこと、最後に1勝することが条件。

練習試合というより、予選の感覚に近いかも。

 

激指は、対局に慣れることと、秒読みの感覚を研ぎ澄ますことがねらい。

ハンゲ、SDINは、対人戦への慣れを目指す。

ここで負けても、練習なので、あまり気にしない。

 

というより、あえて、わざと負けてみるのも、一興。

練習試合では、冒険したり実験したりするため、負けてもよいのだ。

 

わざと負けるというのは、実は結構、大事な能力と考えている。

アチェンジを覚えなければ、将棋は強くなれない。

緩めるところを緩めるという高等戦術も知っておいたほうがいい。

ただし、連敗するようなら、実戦は回避する。黒星は1敗に限り許容。

 

最後は、将棋倶楽部24の自由対局室で仕上げと行こう。

相手が戦績をクリックしたとき「1勝」となっていれば、圧力になる。

これだけが、ねらい。だから、ゲストでログインしないこと。

 

なお、ここでも、負けて構わない。

というより、自由対局室は、過少申告者も多いので、1敗は気にしない。

リセットして、「1勝」すればよい。連敗したら、出直し。

 

このような予選形式の練習試合の後、いざ出陣!

 

……と思いきや、ちょっと待った。

 

練習試合の準備についても、遡っておいた方が親切だろう。

いわば、準備の準備、ルーティンについての研究である。