読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

実戦―その徹底的な準備をめぐって(3)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

実戦―その徹底的な準備をめぐって(3)

 

f:id:Shouldgo:20160902200628j:plain

 

1次予選~2次予選~最終予選~リハーサル~本番

 

私シュうぇッチマンの準備イメージは、こんな感じ。

ちなみに、将棋倶楽部24は「最終予選」の位置づけ。

 

ネットは予選で、リアルが本番。

真の本番は、リアル対局=大会、と考えているからである。

リハーサルは、VSなどの研究会や道場などが該当しよう。

 

ちなみに、昨日述べた練習試合は「2次予選」に相当する。

本日の話題は、練習試合のための準備、「1次予選」について、だ。

スポーツでいえば、ウォーミングアップのイメージに近い。

 

なお、これは本番のウォーミングアップと寸分違わず、同じ。

だから、本番のウォーミングアップのリハーサルの意味合いもある。

 

私シュうぇッチマンの準備運動は、次の10種のメニューから成る。

所要時間は、約60分。最初は大変だろうが、慣れれば楽勝。

完全にプレ・パフォーマンス・ルーティン化されていく。

 

テーマX:秒読み

0)メトロノーム

メトロノームに合わせて、文字どおり、準備体操。

 

 

テーマA:終盤力養成と局地戦

1)詰将棋

短手数のものと、十数手のものを数題ずつ解く。

2)必至

1~3手のものを数題解く。

3)囲い崩し

ネットや自作のフラッシュを使って、美濃崩しを高速で復習。

4)5五将棋

数局、CPUと対戦する。

 

テーマB:盤面全体の俯瞰

5)攻防問題

視野を広くするために数題解く。

6)古典詰将棋

長手数のものを棋譜並べの要領で、並べる。

7)棋譜並べ

天野宗歩の定番局と、直近テーマにしている譜の2種を並べる。

回数は決めておらず、よどみなく流れるようになるまで。

8)脳内棋譜並べ

先ほどの詰将棋棋譜を脳内で並べる。

 

テーマC:序盤の感覚

9)定跡研究

今、テーマとしている定跡を軽く勉強する。

 

テーマX’:秒読み(再)

10)メトロノーム

メトロノームに合わせて、文字どおり、準備体操。

 

いざ、練習試合へ!

 

【本日のまとめ】

・練習試合の前に、準備体操を行う。

・準備体操は、ルーティン化しよう。

・準備体操~練習試合~本番の流れを作ろう。

 

※個別メニューの詳細が知りたい方は、過去記事を参照のこと。