ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

実戦―その徹底的な準備をめぐって(5)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

実戦―その徹底的な準備をめぐって(5)

 

f:id:Shouldgo:20160902200628j:plain

 

前頭前野

そろそろ、コンサル風に、脳科学の知見でも応用してみようか。

 

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

 

  

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

 

  

といっても、難しいことは、いっさい抜きにする。

ただ、「アクセル」と「ブレーキ」をイメージしてみてほしい。

 

大事なのは、冷暖自知。

踏み込むべきところで「アクセル」をグッと踏み込む。

かと思えば、「ブレーキ」をかけ、自重する。

自在に使い分けられるようになろう。

 

もう少し細かく、4象限に整理してみる。

 

A アクセル(攻め)

 A1 踏み込むべきところで踏み込む。

 A2 恐れを払拭し、あえて踏み込む。

B ブレーキ(受け)

 B1 止まるべきところで自重する。

 B2 逸る気持ちを抑えて自重する。

 

最近、痛感するのが、第2領域(A2・B2)の大切さ。

ただし、これを言語化するのが、至難の業。

 

たとえば、A2だが、無理攻めを通すという意味では決してない。

暴発すれば負けを早めるだけだから。

そうではなく、心理的に守りに入りすぎるな、ということ。

攻めの気持ちが大切という意味。B2は、その逆。

 

第1領域が局面の認識に関わるとすれば、第2領域はメンタルに関わる。

 

歴代永世名人を、独断と偏見100%で分類してみると、こうなろうか。

 

谷川浩司は、A1型の名人。

羽生善治は、A2型の名人。

森内俊之は、B1型の名人。

大山康晴は、B2型の名人。

 

升田幸三は、1型の名人。

木村義雄中原誠は、バランス型の名人。

 

一ファンの戯れ言だから、間違っているかもしれない。

血液型が科学的に当てにならないのと同じで、たぶん当てにはならない。

ただ、1型の棋士が2型を苦手にする傾向は、析出できる気がしている。

また、2型の方が、長期政権を築く確率が高い傾向を確認できるようだ。

 

羽生さんの座右の銘は、「運命は勇者に微笑む」。

大山さんの座右の銘は、「忍」「助からないと思っても助かっている」。

 

前者はやはりA2型で、後者はやはりB2型に思えてならない。

 

ところで、あなたは、何型?

自身のタイプを知っておくと、実戦を戦う上で参考になることもあるはず。

攻め/受けだけでなく、メンタルも絡めて自己分析してみてはどうだろうか。

 

私シュうぇッチマンは、B2型。ときどき1型。

このブログが、他のブログと一線を画するのだとしたら、2型だから。

でも、A2型だけがスッポリと抜け落ちている。

  

A2型(羽生先生タイプ)を究明できれば面白いが、果たせていない。

要は、大山先生と羽生先生の共通点を差異を明らかにすればよいのだろう。

けれども、それができれば苦労はしない。

そんなことができる棋士は、この世にはまだ存在しないのだから。

 

ただ、2つだけはっきりしていることがある。

大局観が盤外にまで行き届いているということ。

メンタル・タフネスを超越した何かがあったということ。

 

あるいはこの2人、アクセルとブレーキを2つずつ持っていたのかも。