ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

実戦―その徹底的な準備をめぐって(補遺その2)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

実戦―その徹底的な準備をめぐって(補遺その2)

 

f:id:Shouldgo:20160902200628j:plain

 

クイズ。『もしドラ』とは、何の略?

もし高校将棋のギャル部員がドラえもんのユメグラスを手に入れたらの略。

 

今回は準備だけでなく、実戦そのものについてのアドバイス。

 

書いていけばキリがないので、2つだけ。

1つは、基本中の基本だが、玉を固めることについて。・・・A

もう1つは、相手の動きをよく観察することについて。・・・B

 

いずれも、故・花村元司九段の教えだ。

シンプルな上に、非常に実用的なアドバイスである。

なお、2つのアドバイスは、相互に連関している。

そのことを中心に、これから述べていく。

  

鬼の花村・将棋指南 (将棋連盟文庫)

鬼の花村・将棋指南 (将棋連盟文庫)

 

 

A 玉の囲い

玉の囲いは、相手よりも堅く(遠く/深く)囲えばよい。

ただし、相手が居玉なのに、穴熊にするのは、よくない。

相手が雀刺しなのに、米長玉もアウトだろう。

あくまでも彼我の陣形の差、つまり相対的な問題なのだ。

 

ちなみに、私シュうぇッチマンの得意な囲いは、中住まい。

玉をまっすぐ1つ上がるだけ。

 

もちろん、相手が居玉の時のお話。

超急戦でも、私シュうぇッチマンは、玉を動かすのに1手かける。*

そして、最後まで居玉の相手には100%勝つと心に誓っている。

居玉の詰み、必至は、誰よりも研究しており、自信がある。

 

研究方法は、簡単。

将棋ソフト相手に、自身は「居玉しばり」で指せばよい。

そして、終盤の事例を記録&記憶に残し、分類整理しておく。

ただ、それだけ。

 

子ども(初心)のとき、一番ショックだった詰まされ方。

5七(5三)に馬がいて、4七(6三)か6七(4三)に桂を打たれた時。

短手数で負かされた屈辱も加わって、心に大きな穴がポッカリ空いた。

 

二番は、中飛車と角のコラボ両王手の筋。

5五で歩を交換しつつ角が飛び出し、7七(3三)に角が飛び込む。

空き王手&両王手で、一丁上がり!

思わず、座布団から、飛び上がってしまった。

 

居玉の詰ませ方は盲点なのか、あまり良書がないようだ。

現状では、自ら研究しておくより他にないだろう。

 

「玉の早逃げ八手の得」

玉の早逃げも、玉の囲い原則の応用だ。

 

相手の立場からしたら、こちらの玉は標的である。

標的が一路ずれたら、狙撃手は混乱するに決まっている。

これまでの企みが音を立てて瓦解するのだから。

しかも、秒読みの中で。

こちらは駒落ちで鍛えているので、玉捌きにも自信あり。

 

B.相手の動き

相手の動きをよく観察すること。

これだけを言われて、ピンと来る者は強者だ。

この世の多数派は、相手を観察するということができないのだから。

相手の側に立ち、相手の気持ちになれる人。

おそらく1%いるか、いないか、だろう。

 

現代人は、そもそも他人に関心がない。

いつも無駄におしゃべりをしたり、スマホをいじっていたりする。

 

顧みるに、昔の女性は背中に目が付いていた。

後ろを歩いていると、振り返って睨まれた。

別に襲おうとしていないのに。

平和ボケ、機械ボケで、感性が大きく変わってしまった。

 

初心者の動画中継を見ていても、このことがよくわかる。

自分の手のことでいっぱいで、相手の側から考えられない。

 

けれども、目くそ鼻くそを笑うで、自身も大同小異。

哲学でいうところの「他者」に出会うことは、非常に難しい。

 

棋は対話なり。

裏返して言えば、棋は独白にあらず、だ。

 

将棋だけではない。

日頃から、周囲の姿をよく観察し、周囲の声を傾聴する。

そんな習慣がなければ、いつまで経っても成功はおぼつかない。

P・ドラッカー『マネジメント』が言うことも、要はそういうこと。

 

己れを空しうすること。

これが唯一の対話原理である。

 

 

 

藤井システムなど、ごく稀に居玉で指す例外はある。

 これなどは「相手の動きを見る」の典型だ。

 一方のセオリーに反していて、もう一方のセオリーに合致している。

 このような場合には「盲点」が発生しやすい。