ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

勝負の鬼になる―勝負×将来の方程式(3)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

勝負の鬼になる―勝負×将来の方程式(3)

 

f:id:Shouldgo:20160902200628j:plain

 

わがシュうぇッチマンの早指しの極意、逆転のテクニック。

 

私シュうぇッチマンは、早指しに絶対の自信を持っている。

したがって、時間責めについても、一家言を持っている。

 

当然、時間責めをする側にも、される側にも回る。

両方の気持ちを熟知している。

 

ただし、切れ負けすることはないのが(1)の質問者と違う。

おそらく通常のアマチュア棋士より周辺集中力が高いのだと思う。

 

早指しなので、通常は相手よりも時間を使わない。

だから、時間責めをする側に回れる。

 

が、時間がなくなっても大丈夫と考えるため、時間責めされることも。

 

それでも、切れ負けすることはない。

最近は将棋ウォーズ3分切れでさえ、そんなことは起こらない。

 

どんな秘策があるのか?

私シュうぇッチマンの秘策は、次の5つ:

 

第1は、日頃の準備、トレーニングのたまもの。

これについては、以前に詳しく述べたので繰り返さない。

 

第2は、終盤でも自玉の守りに手を入れること。

序盤に築城をしたまま、後はメンテなし、では、勝てる将棋も勝てない。

いわゆる「ゼ」(「Z」)、絶対に詰まない状況を作る。

 

これについては、大平武洋著をお読みいただきたい。

これは、アマチュア必読の良書。

アマチュアは、程度の差こそあれ、すべて早指しなのだから。

  

第3は、複雑化、難しい局面に誘導する。

いわゆる泥沼流(米長邦雄永世棋聖)だ。

これは終盤力(詰め将棋の力だけではない)が必須。

詳細は、元祖・逆転本である米長邦雄著をお読みいただきたい。

駒落ち棋譜も充実している。

逆転のテクニック (将棋連盟文庫)
 

なお、山崎隆之八段の逆転本も形勢判断をもとにする良書だ。

山崎八段は1分将棋の強さを裏芸としており、棋譜も充実している。 

逆転のメカニズム (マイナビ将棋BOOKS)

逆転のメカニズム (マイナビ将棋BOOKS)

 

 

さて、話を戻そう。ここからが本題。

 

第4が、いわゆるつくつくほうし。

歩をどんどん切っていく。

 

第5が、遠近法。

これらについては、知らない人も多いだろうから、詳述したい。

 

まず第4だが、歩を切りまくる。

そして、歩を入手し、歩を叩く。

原理的には、ただこれだけだ。

 

心理学的には、相手のペースを乱すことをねらう。

相手は「あいうえお」と進もうとしていると仮定しよう。

そこで、叩きの歩という妨害を挿んで攪乱する。

 

「あい(妨害)う(妨害)え(妨害)う」

そう、最後の「う」が悪手で、逆転である。

 

しかも、妨害することにより、相手は時間を消費する。

まさに一石二鳥である。

いや、相手にiphoneぶん投げることはさせないので、一石三鳥。

 

叩きの歩は、相手の想定外のタイミングで挙行する。

相手は当然「~の一手」と思い込んでいる隙に歩を叩く。

むろん、叩く場所は、価値の高い駒の頭上に決まっている。

 

玉の頭を叩けば、無視はできない。

もともと読もうとしていた手以外に、取るか逃げるかの二択が加わる。

飛車や角行の頭上も似たようなものだ。

アマチュアはとにかく大駒を大事にし過ぎるから、無理が通りやすい。

要の金の頭上も、まあ相手をしてくれる率は高い。

 

ただし、事前工作で歩を切っておかなければ、自分のタイミングが持てない。

また、持ち駒に歩がなければ話にならないので、歩の入手は常に意識する。

 

要するに、叩きの歩は、相手の思考の流れを攪乱するノイズなのである。

 

第5についても、詳しく説明しよう。

基本原理は、同じだ。

攻め続けると思わせておいて、受けに手を入れる。

受け続けると思わせておいて、攻めの手を挟む。

 

「あいうえおかきくけこ」の次に「わゐうゑを」を持ってくる。

「やゆよらりるれろ」の次に「かきくけこ」を持ってくる。

そうすれば、相手は大混乱だ。

 

一番、素朴なのは、王手を挟むパターン。

 

 受け、受け、王手、受け。(せめて一太刀の王手)

 王手、王手、受け、王手。(王手ラッシュの間の受け)

 

こんな感じで相手のリズムを混乱させてしまおう。

 

応用は、こんな感じか。

 

 攻め、攻め、攻め、自陣飛車。

 受け、受け、受け、合駒(逆王手)。

 

思考はジグザグ走行、視線は自陣と敵陣、行ったり来たり。

さらにワイドに揺さぶりもかければ、もう、こちらの思う壺。

 

「不利な時は戦線拡大」は、名言中の名言。

将棋以外にも、広く応用できる。

 

最後に紹介した2つの技術。

俗にいう「ちゃぶ台返し」と「茶碗投げ」は、知っておいて損はない。

 

ただし、基本は手を戻すというテクニック。

手を戻せるようになったら、初段以上といって過言でない。

 

ここまで書いておいてなんなんだが、最後に一言。

それでも時間と局面が大差なら、やってはいけないよ。

相手がiphonぶん投げるほどまでに逆上させる愉快犯は破門だぞよ、と。