読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

おまけの将棋ノート(8)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

おまけの将棋ノート(8)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

「将棋はもう遊びじゃなくなってしまってますから。」(松山ケンイチ

 

遊びじゃない (ベリーズ文庫)

遊びじゃない (ベリーズ文庫)

 

 

将棋世界』は、読み物を熟読。

一番面白かったのは、映画『聖の青春』出演者の対談。

 

テレビなどでも知っていたが、最後の対局の2時間の長回し

やっぱりすさまじいなと感心しきり。

あの若さで二人は立派な名優に育っているなあと。

 

棋譜、全部覚えて、2時間対局する。

なかなかできることではない。

 

村山さんの師匠の森信雄七段と、松山ケンイチが会う。

久しぶりに村山くんがいたと言わしめた。本当にすごいことだ。

 

松山ケンイチも、東出昌大も、将棋は好きだという。

けれども、冒頭に引用した発言が、すべてを物語っていると思った。

突き放された。

 

私シュうぇッチマンの世代は、リアルタイムで村山聖を知っている。

その昔、一番感動したのは、相横歩取りの新手△5五角だった。

終盤まで深く読んだ結果の新手で、現在も定跡である。

新聞で読み、繰り返し並べたものだった。

歴史に立ち会っているという感動は、今なお忘れられない。

 

村山聖九段の棋譜を猛烈に並べたくなってきた。

将棋を遊びじゃなくしてしまいたいぜ。

 

◎対局 ウォーズ 

格上の五段に金星 ○

 

こちらのゴキゲン中飛車に、超急戦を挑まれるも拒否。

最近、発売された棋書を未読だったので、踏み込めず。

 

決定版! ゴキゲン中飛車VS超急戦 ~将棋史上最も過激な殴り合い~ (マイナビ将棋BOOKS)

決定版! ゴキゲン中飛車VS超急戦 ~将棋史上最も過激な殴り合い~ (マイナビ将棋BOOKS)

 

 

穴熊となり、最後は激しい乱打戦を制す。

結局、「最も過激な殴り合い」になっているではないか!

まるで、トランプとヒラリーの大統領選挙のように。

 

相手の棋風、性格によるものが大きいのだろう。

ヒラリーの敗因は、おそらく相手の土俵に乗ってしまったから。

ただし、こっちの勝因も、相手の土俵に乗ったから。

勝負の世界は、紙一重。

ともあれ、気合い負けしなかったのは自信になった。

 

村山さんのおかげかもしれない。

将棋世界』の読みどころは案外、符号ではないのかもしれない。