読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

Mise en abyme(13) メンタルー柳のようにしなやかに

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

Mise en abyme(13) メンタルー柳のようにしなやかに

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

唐突だが、質問したい。「将棋に生産性はあるか?」

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

《将棋囲碁のプロ棋士なんてこの世に存在しなくても誰も困らない。と思いませんか?

何か世の中に役立つ生産性のある仕事とも思えないし、ただ座って将棋や囲碁を指してるだけ、ある日突然この世からこのゲームが消えても誰も困らないでしょ むしろ仕事もしないで囲碁将棋ばかりしている生産性の無いオジサン達が減ってイイ事だと思います。伝統とか文化だとか言う人がいますが、囲碁将棋は指してる本人だけが楽しいのであって見てる側はスポーツファンよりぐっと少ないと思います。それにプロ棋士の数も多すぎます。タイトル戦に登場できない弱い棋士も五万といます。羽生、井山のような一部のトップ棋士だけ残してうだつの上がらない棋士は廃業すべきだと思います。棋士の家族も可哀想だし、座って指してるだけなら、外へ行って工事現場の旗振りしてる方がよっぽど世の中の為になると思いますが、いかがでしょうか?》

皆さんなら、どう回答する?

私シュうぇッチマンなら、こう回答する。

 

はい、そのとおり。以上。

はっきり言って、この質問には、勝てない。

 

仕事しないで、囲碁将棋にうつつを抜かす人がいるのなら、なおさら。

工事現場で働いた方がいいというのは、正鵠を得ている。

 

ただし、プロ棋士が多すぎるという意見には、懐疑的だ。

棋士は全員、廃業にすべきだというのなら、理解はできる。

けれども、一部の棋士だけ必要と言うのは、矛盾しているだろう。

また、百歩譲ってそうだとしても、いや、そうだとすれば、裾野が必要。

そうだとすると、縁台将棋を指すおっさんも必要ということになる。

 

スポーツと比べること自体も、ナンセンス。

囲碁将棋に生産性がないなら、スポーツにも生産性はないのだから。

 

断言するが、指摘のとおり、将棋に生産性などというものは皆無である。

スポーツや他の遊びに生産性がないのと同様、その基準では擁護できない。

 

ただ、当事者が楽しいという娯楽性と、成長するという学習性は否定できない。

何を学習できるかというと、「論理的な思考力」と「対話力」が双璧。

他にも「大局観」や「集中力」が身につく。

そして、「メンタルトレーニング」の一貫としても、非常に有益。

 

そこが他のテレビゲームやパチンコとの差異である。

(テレビゲームやパチンコがまったく勉強にならないという意味ではない。

 ただ、子どもにやらせるなら、囲碁や将棋の方を勧めたいという意味。

 パチンコやるなら、むしろトレードをすすめる。)

 

いうまでもなく、スポーツにも娯楽性と成長するという学習性はある。

身体の健康管理という側面もあるが、行き過ぎた場合はマイナス面もある。

 

まとめると、ゲームや遊び・スポーツには、生産性など、皆無。

ただ、頭や心や身体を育てるゲームと、そうでないゲームの差異はある。

そして、この差異を無化してはいけないだろう。

頭や心身が発達すれば、間接的にせよ、生産性に貢献する可能性があるから。

 

子どもにとって、遊びが成長に欠かせないことは自明。

大人にとっても、子どもほどではないにせよ、遊びが必要だ。

 

無くなっても生活は困らないが、ボケ防止の手段が減り、困る。

生産性「だけ」を基準に存在価値を決める「堅さ」は無くても困らない。

 

無くてもいいが、有ってもいい。

 

cixous5.hatenablog.com 

cixous5.hatenablog.com 

cixous5.hatenablog.com 

cixous5.hatenablog.com 

cixous5.hatenablog.com 

cixous5.hatenablog.com 

cixous5.hatenablog.com 

cixous5.hatenablog.com