読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

おまけの将棋ノート(44)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

おまけの将棋ノート(44)

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

もういくつ寝ると(カウントダウン)

本ブログの公開期限まで、あと15日。

つまり、あと15日で、お正月。

※公開期限が過ぎても、一部記事は残す予定。

 

本日読了した本

 橋本崇載棋士の一分 将棋界が変わるには』(2016年、角川新書)

オビのキャッチコピーは、「馴れ合いが棋界をダメにした」。

  

ちなみに、橋本八段の著作には、次のようなものがある: 

 

橋本崇載の勝利をつかむ受け (NHK将棋シリーズ)

橋本崇載の勝利をつかむ受け (NHK将棋シリーズ)

 

 

  

マイナビ将棋BOOKS 橋本流 中終盤急所の一手

マイナビ将棋BOOKS 橋本流 中終盤急所の一手

 

   

或るアホウの一生 1 (ビッグコミックス)

或るアホウの一生 1 (ビッグコミックス)

 

  

或るアホウの一生 2 (ビッグコミックス)

或るアホウの一生 2 (ビッグコミックス)

 

 

週プレNo.49 12/5号 [雑誌]

週プレNo.49 12/5号 [雑誌]

 

  

週プレNo.50 12/12号 [雑誌]

週プレNo.50 12/12号 [雑誌]

 

  

週プレNo.51 12/19号 [雑誌]

週プレNo.51 12/19号 [雑誌]

 

  

週プレNo.52 12/26号 [雑誌]

週プレNo.52 12/26号 [雑誌]

 

 

 今日はかつてないアクセス率の低さゆえ、商才もある橋本先生にあやかって(便乗して)、節操なくコミックから週プレまで紹介してみた。(ただし、週刊プレイボーイの連載コラム「一歩千金二歩厳禁」は、12月12日発売号で終了の模様。)

 明日の奇襲対策ではアクセスが急上昇するんだろうな、どうせ。人間というものは、いやはや、実に現金な生き物だ。

 いや、目利きはどこかにいる。だから、少数のファンのために努めるのが本物のプロ。これが橋本著に対する個人的な感想。この賛否両論を巻き起こすであろうポレミックな本については、いずれ場を改めて書評を発表したいと思う。

 

スキップ並べ

 

cixous5.hatenablog.com

 

 棋譜並べのスキップ並べが、よくわからないということなので、図面を使って補足したい。

(1)通常の棋譜並べ

▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金(1図)▲2四歩△同歩▲同飛(2図)△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛(3図)

f:id:Shouldgo:20161216123328p:plain

f:id:Shouldgo:20161216123332p:plain

f:id:Shouldgo:20161216123334p:plain

f:id:Shouldgo:20161216123339p:plain

f:id:Shouldgo:20161216123338p:plain

 

f:id:Shouldgo:20161216123340p:plain

f:id:Shouldgo:20161216123342p:plain

 これが普通の棋譜並べである。喩えていえば、足し算みたいなもの。効率は悪い。

 

(2)スキップ並べ

f:id:Shouldgo:20161216123717p:plain

f:id:Shouldgo:20161216123719p:plain

f:id:Shouldgo:20161216123721p:plain

 このように、1手ずつ指すのではなく、手をスキップさせる。途中経過は間引き、頭の中で並べるのがスキップ並べ。ちなみに横歩取りの研究をする場合は、最後の図(またはその1つ前)からスタートさせればよいので、初手から並べる必要はまったくない。最初から角道を開けておき、それぞれ駒台に歩を1枚ずつ置いてある状態から、駒を動かしていく。もちろん、横歩取りにもいろいろあるが、今流行の形を研究するのなら、もっと先からスタートしてもよいだろう。たとえば、このあたりから:

f:id:Shouldgo:20161216124414p:plain

スキップさせると:

f:id:Shouldgo:20161216124701p:plain

 △5一金が珍しい手。さらにスキップさせると:

f:id:Shouldgo:20161216125006p:plain

 名人戦第五局、▲羽生善治名人△佐藤天彦挑戦者とわかる。

 スキップ並べをしていれば、いきなりここから始めることができる。先手の駒台に歩を4枚置き、後手の駒台に歩を1枚置く。

 もちろん、初手から並べよと言われれば、並べることもできる。しかし、山の麓からいちいち登らなくてもよいのだから、楽ちん。そしてこれは、大きな優越感だ。自信もつく。せっかく繰り返し泥臭く棋譜並べをするなら、このレベルまで持ってきておいて、優雅に扇子をあおぎたいもの。算数でいえば、かけ算みたいな能力。

f:id:Shouldgo:20161216145519p:plain

 はい、一気に投了図にワープ。佐藤天彦新名人誕生。

 スキップ並べは、最初は難易度が高そうに思うかもしれないが、実は結構、簡単。慣れの問題だ。普通の棋譜並べを反復した後にやれば、なおさら容易い。右脳型の人間なら、楽にできるだろう。

 右脳型か左脳型かは、ロジャー・スペリーの分離脳の研究というものがあって、興味深い議論を展開できるわけだが、今はそこまで行かず、手の指の組み方、腕の組み方、足の組み方などで、一度、利き脳をテストしてみたらいかが? とだけ勧誘しておく。血液型より、よほど信憑性が高い。

 ちなみに、私シュうぇッチマンの場合は、手の指と足の組み方では超・右脳型、腕の組み方では左脳型ということのようだ。

matome.naver.jp

 

  将棋に即応した右脳のトレーニングには、数独ナンプレ)やリバーシ(オセロ)もおすすめ。私シュうぇッチマンは、リバーシでも、いつのまにか強豪になってしまった。後は囲碁をやれば、トライボーディアンに出場できるのだが、どうしよう? 囲碁は子どものころ、囲碁将棋クラブでルールを教わった程度。

 そういえば、将棋部時代には、いろいろなボードゲームにうち興じたものだ。将棋だけでなく、もっとボードゲームの普及にも努めてみたい。日本はボードゲーム後進国

 

www.sudokugame.org

niseco.hatenablog.jp

 

Let’s Try! スキップ並べ

 

0.新聞の切り抜き(1局分)を用意しよう。

1a.それぞれの図面を暗記しよう。

1b.初形から、いきなり途中図へワープ=スキップして並べよう。

1c.途中図から第1譜の指了図までワープ=スキップして並べよう。

1d.同様に、第2譜、第3譜・・・・・・投了図とワープ=スキップして並べよう。

*以上をこのブログでは「スキップ並べ」と命名する。

2a.勝った側をもって、ふつうに棋譜並べをしよう。

2b.勝った側をもって、初形から第2譜の指了図まで、3回並べて覚えよう。

2c.勝った側をもって、7回高速棋譜並べをしよう。

2d.勝った側をもって、時間(3分以内)を計り、3回高速棋譜並べをしよう。

2e.負けた側をもって、7回高速棋譜並べをしよう。

2f.負けた側をもって、時間(3分以内)を計り、3回高速棋譜並べをしよう。

2g.勝った側をもち、脳内将棋盤に初形から第2譜の指了図まで、3回並べる。

2h.勝った側をもって、脳内将棋盤で5回、棋譜並べをしよう。

2i.負けた側をもって、脳内将棋盤で5回、棋譜並べをしよう。

*以上をこのブログでは「高速棋譜並べ30回通し」と命名する。

3.解説を読み、それぞれの変化を調べてみよう。

4a.初形から第1譜指了図まで、復習棋譜並べをしよう。

4b.初形から第1譜指了図まで、復習スキップ並べをしよう。

4c.第1譜指了図から第2譜指了図まで、復習棋譜並べをしよう。

4d.第1譜指了図から第2譜指了図まで、復習スキップ並べをしよう。

4e.それぞれの指了図まで、同様のプロセスを繰り返そう。

4f.以上の成果を発揮し、究極のスキップ並べをしよう。

*以上をこのブログでは「仕上げのスキップ並べ」と呼ぶ。

5.1手6秒で棋譜並べをしよう。

6.1手6秒で符号を声に出しながら脳内将棋盤で棋譜並べをしよう。

*以上をこのブログでは「総仕上げの棋譜並べ」と命名する。