読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

筋違い角退治

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

筋違い角退治

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

 奇襲対策について、年末いろいろと書いたが、実戦で筋違い角に出くわしたので、今回は筋違い角対策について、書いてみよう。

 さまざまな奇襲戦法がある中で、私シュうぇッチマンはこの筋違い角対策を非常に得意にしている。アマチュア名人戦で敢闘賞を決めたのも、筋違い角のスペシャリストY氏に勝った将棋だった。

 今回のお相手は連勝街道を驀進中のG氏。戦型はこちら後手が角交換四間飛車。そして図は、その終盤の入口で、相手が△5四角と中央の要所に角を出してきたところ。(便宜上先後を逆にしている。)

 

f:id:Shouldgo:20170121161836p:plain

 

 玉の小鬢攻めがなんだかとっても嫌だというのが振り飛車党の感覚。こういうときは、この不快感の原因を根治する方針がよい。

 

 ▲3四銀

 

 私シュうぇッチマンは桂取りに銀を打った。いわゆる根元責め。攻防手。

 

 △2四歩▲4五歩△3六歩

 

f:id:Shouldgo:20170121162610p:plain

 

 攻撃の要の桂を取られてはいけないから後手は当然△2四歩と支えてくる一手だが、そこで▲4五歩と大駒の角を最安の歩1枚で封じるのが筋違い角封じの習いある手筋。銀の後ろ足を完全活用。6五の歩と4五歩の二枚の歩の位が、まるで角という暴漢の両脇を抱えるセキュリティポリス(SP)のように見えないだろうか。さてこの後、懸案である△3六歩の小鬢攻めにどう対処するかだが。

 

 ▲6六飛

 

 この浮き飛車が自慢の一手。敵の大駒を封じ、こちらの大駒を活用する味のよい一手。放っておくと、合わせ歩から、相手の遊んでいる飛車のお出ましなぞということも起こりうる。そこで早い攻めがないことを見越し、飛車の転回を見せて△3七歩成を催促すると同時に、制空権を握りに行ったわけだ。

 

 △3七歩成▲同銀△同桂成▲同角△7三桂▲8五桂打

 

f:id:Shouldgo:20170121163153p:plain

 

 ▲同角が飛車取りになっているのがポイント。小鬢攻めを凌いで玉の安全を確実にした後は、慌てて敵玉を攻めるのではなく、もう一枚の大駒である飛車を責めるのが勝負の呼吸というもの。右下を平定した後、左上を牽制して、それから右上というふうに盤面を広く見る。

 その後、数手が進んで図の局面を迎えた。

 

f:id:Shouldgo:20170121163520p:plain

 

 ▲1四歩△同歩▲1一桂成△同玉▲2三銀成

まで80手でシュうぇッチマンの勝ち。

 

f:id:Shouldgo:20170121163727p:plain

 

 隅に逃げなければ詰みはないものの、馬の利きもあり、逃げおおすことはできない。▲1二成桂くらいでも一手一手なので、相手は首を差し出してきた。大事なのは▲1四歩の端の突き捨て。「端玉には端歩」の格言を先に利かす。投了図で△1二銀には▲2二銀、△2二銀には▲1二銀だが、△2一銀という手もある。むろん、この局面では▲1二香でもよいわけだが、ここで▲1二歩が打てるのが大きい。万が一にも負けないぞという手だ。もっとも、浮き飛車と馬も守りに利いていて、百万が一にも負けないように指しているのだけれども。勝負の鬼、完全復活の一局。

 調子が悪いときは、調子がよい相手と指すように心がけている。それが今回の慎重な完勝につながったと思う。

 

【本日のまとめ】

・相手の大駒を封じよう。

・相手の大駒を責めよう。

・自身の大駒を働かせよう。

・端玉には端歩

 

自作詰将棋13手詰「行きつ戻りつ、とと姉ちゃん」(再掲)

f:id:Shouldgo:20170120210050p:plain

 

ヒント:めくるめく邪魔駒消去