ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

強くなるには(2)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

全国大会編 強くなるには(2)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

 強くなるには、戦型固定しかない。それもその戦型のスペシャリストになることが大事。

 今回の大会で、そう痛感した。石田流のスペシャリストになろうと修行中だが、こちらはまだ道半ば。悔しいが、大会で使えるほどのエース戦法には育っていない。それに有名すぎる戦法だと、相手の対策もしっかりしているので、そう簡単ではない。

 知り合いの強豪は、中飛車スペシャリストだったり、立石流のスペシャリストだったりする。そもそもそれ以外、指さないというから恐れ入る。その代わり、知らない情報はないというほど徹底的に研究されている。事実はともかく、プロより詳しいと自負されているということが重要だと思い知らされた。そういう相手を向こうに回してオールラウンダーでござい、と出て行くのは、さすがに気が引けるというものだ。

 オールラウンドプレイヤー。これは長所である反面、短所だ。大会でのエース戦法を育てたい。

 ただ、現実問題、石田流は間に合わないし、今回も石田流を封印したことで摑んだ切符なので、昔の得意戦法を磨き直すことにしようと思う。いや、そうではなく、石田流を全国大会までに間に合わせるか。悩みは深い。

 ただ、前回の大会で石田流を研究したことにより地力が上がった手応えがあった。だから、今回も石田流の育成と、昔のエース戦法・角換わりの両方を鍛えることにする。

 二者択一は、選ばない。これが私シュうぇッチマンの信条ではなかったか。初心忘るべからず。

 全国大会まで、誰よりも久保利明九段と丸山忠久九段の棋譜を並べまくることにします。