ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

指導対局

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

指導対局

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

指導対局

 今日は、趣を変えて、級位者の上達を助ける講座をお送りする。

 級位者のTさんとの平手指導対局の模様を詳しくリポートしてみたい。

 

 強い方は、新ブログの方へどうぞ。

cixous1.hatenablog.com

 

 

▲シュうぇッチマン 三段

△T 8級

 

▲7六歩△3四歩▲7五歩△8四歩▲7八飛

 

f:id:Shouldgo:20170222194200p:plain

 

 石田流の出だし。級位者におすすめしたい石田流の対策は、飛車先を保留する指し方。本譜の後手は4手目に△8四歩と突いたが、そうすると石田流側にはさまざまな指し方があり、幻惑されてしまう。居飛車にするなら、4手目のおすすめは、4二玉。それでも石田流に来たら、角交換して△4五角と打っておけばいい。馬を作りにいく。だから、先手も▲6六歩と角道を止めてくれて、乱戦を回避できるというわけだ。

 

△7二金▲5八玉△4二玉▲7四歩△3二玉

 

f:id:Shouldgo:20170222194725p:plain

 

 玉を囲うのは、よい手。角交換をされたとき、2二銀が浮いていると、5五角と打たれる。△3二玉は、そのような手を防いでいる意味がある。

 

▲7五飛△8八角成▲同銀△3三角

 

f:id:Shouldgo:20170222195122p:plain

 

 五段目への飛車浮きは、久保新手の応用で、角交換後の角打ちに備えている。

 本譜、角交換は手損になるので、自ら仕掛けるのは自重したいところ。しかも、交換したばかりの角を手放したのはもったいない。角は手持ちのほうがよいので、よほどの成算がないかぎり、簡単に打ってはいけない。持ち駒なら、いつでも好きなところへ打つことができるのだから、チャンスでないのに打つのはやめよう。

 

▲7七銀△7四歩▲同飛△7三金▲3四飛

 

f:id:Shouldgo:20170222195348p:plain

 

 相手が歩を取ってこないので、しびれを切らして取ってしまったが、こういうときは急いではいけない。相手が取ってこないということは、取ってほしいという意味なので、簡単に相手のいいなりになるべきではない。7三の地点を補強する6二銀としておくのがよかった。

 というのも、本譜のように、ここで飛車を横に転回する手があったからだ。

 飛車は縦だけでなく、横にも利く駒だというのは、初心者じゃないから知っていると怒るかもしれないが、意外と見落とされやすいので、改めて復習しておこう。

 

△2二銀▲7四歩△6四金

 

f:id:Shouldgo:20170222200320p:plain

 

 △2二銀は不急の一手だった。飛車の横利きを生かした▲7四歩の叩きが激痛。「敵の打ちたいところに打て」の△7四歩くらいだっただろう。どんな駒も歩の下にいるのが安心だという原理を覚えておくとよい。歩は、帽子やヘルメットの役割を果たすのだ。

 現状の後手玉を例にすると、角という豪華な駒をヘルメットに使っていて、もったいない上に危険であることがわかるだろう。さっきまで歩がいたのに、飛車に掠め取られて、景色が一変してしまったのだ。

 その後の△6四金も疑問。金は上へ行けば行くほど、斜め下に利きがないという弱点を露呈してしまう。四段目に上がるのは、よほどの成算がなければ、級位者はやめたほうがよい。

 

f:id:Shouldgo:20170222200818p:plain

 

▲7三角△9二飛

 

 ▲7三角は強引な手。厳密には疑問手だが、チャンスを上げようと指した。ところが、ここで△9二飛が大悪手。角をあげると言っているので、思惑通りに指さないという精神は、認める。けれども、不利な時は、駒得を図るのも大事な考え方。ここはと金は作られるが、△同桂と角を取る一手だった。

 

▲8四角成△4二玉

 

f:id:Shouldgo:20170222200251p:plain

 

 先手は当然、角を逃げる。△4二玉は、飛車筋を避けて、角を働かそうとする、部分的にはよい手なのだが、どうだったか。

 

▲7三歩成△7二歩▲8三と

 

f:id:Shouldgo:20170222201248p:plain

 

 先手はと金づくりに成功。どうせ△7二歩と打つのなら、もっと前に打っておくべきだった。「一手前に受ける」は大事な法則だ。と金の価値は非常に高い。「と金は金と同じで金以上」という。大駒一枚に匹敵する価値があるので、△7二歩では△同桂としてと金を消すべきだった。寄られて、飛車が詰んでしまった。歩打ちの罪がよくわかるだろう。後手の問題は、自他の飛車の横利きが見えていないことである。先手の飛車が縦横無尽なのに対し、後手の飛車のなんと窮屈なことか!

 

△7七角成

 

f:id:Shouldgo:20170222201302p:plain

 

 本局最大の問題点。飛車を詰まされたからと自棄になって、角まで捨ててしまった。飛車を取られたら、せめて角は死守して、最大限に働かせるという考え方に切り替えなければいけない。片翼のエンジンが壊れたからといって、飛行機の操縦を諦めてはいけないのと同じ。たしかに角を働かせるために玉を寄ったのだから、一貫性はあるのだけれども、こういう指し方をしていては、いつまで経っても強くなれない。

 ここではたとえば、遊び駒の活用で、△7三桂などは、なかっただろうか。▲同となら、△同歩として飛車が助かる。だから先手は飛車を取ってくるが、次に6五桂と跳ねると、玉頭を睨みつつ、角との連携も図れるので、単なる角切りよりもはるかによいだろう。このように遊び駒を活用して、もう一枚の大駒とのコンビネーションを生かす術を考えるようにしよう。

 

▲同桂△3三銀▲3六飛△8八銀▲9二と

 

f:id:Shouldgo:20170222201307p:plain

 

 

 最後は両取り逃げるべからずで、飛車を取って、先手の勝ちとなった。いつでも取れるので、飛車を取らずに、▲7八金と7七の桂を守って、隅の香を取らして銀の働きを弱める手の方が辛い指し回しだろうが、指導対局なので、そこまでいじめるのはやめた。

 この後、△同香▲9一飛となって、先手シュうぇッチマンの勝ちとなった。

 一局を振り返ってみて、後手には、いくつかの根本的に修正すべき個所が見つかったので、指摘しておこう。

 

(1)大駒の使い方

 味方の飛車は、縦横無尽に使う必要がある。反対に、相手の飛車は縦横無尽に使わせない。これが将棋の基本である。飛車は自他ともに、縦の利きだけでなく、横の利きも意識しよう。

 角は簡単に交換しない。交換して、成算がないのに、すぐに手放す癖も修正したい。

(2)と金を作らせない

 極端に言えば、将棋は、先にと金を作ったほうが勝ちというゲームである。と金は作らせないように気をつけよう。歩を垂らされてきたら、無視せず、受けること。と金を作られたら、多少の駒損でもと金を消してしまう。

(3)自棄にならない

 大駒を一枚取られるのは痛いが、被害を最小限にすべきである。自ら傷を広げるようなことはせず、相手に一手を指させる間に、もう一枚の大駒や遊び駒を最大限に活用して、粘り強く逆転のチャンスを待とう。