読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

シュうぇッチマンの創作詰将棋【解答解説】

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

シュうぇッチマンの創作詰将棋【解答解説】

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

解答バレ注意!!

【解答解説】シュうぇッチマン作 7手詰め「マウンテン」

 

 

f:id:Shouldgo:20170307215021p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 正解は、

 ▲4三桂不成△5二玉

 f:id:Shouldgo:20170308211716p:plain

▲6四桂△5三玉

f:id:Shouldgo:20170308211720p:plain

▲4四馬△6四玉

f:id:Shouldgo:20170308211842p:plain

▲7五飛成までの7手詰め。

f:id:Shouldgo:20170308211846p:plain

 

おわび:なぜか途中図の歩の向きが反対になっているが、実際は後手の駒。

Shogipicは便利だけれども、よくこういうことが起こる。

 

物語

  初心者がやりそうな居玉の穴ぐら風の囲いから、「天王山」をめがけて上洛して行く様子を描いてみた。

 

格言

 覚えるべき格言として「居玉は避けよ」がある。基本は「玉は下段に落とせ」だが、今回は例外で、居玉なので吊し上げて寄せる。

 「三桂あって詰まぬ玉なし」という格言もある。オープニングは、この格言どおり、桂馬たちが躍動、乱舞する。

 

読み

 初手は駒を取ると詰まないので、桂馬が入る一手。馬の利きがあるから、この桂は取れない。

 次は4四に跳ねると、馬筋を遮断してしまい、5四に玉が逃げられ、詰まない。したがって、6四に跳ねる。これを△同香は、飛車の横利きが通るので、今度こそもう一枚の桂馬を4四に跳ねて、早詰み。

 最後は飛車が取られそうな形で、▲5五馬が形なのだが、この場合は△5三玉とバックされ、4四馬、5五馬、4四馬、5五馬・・・・・・と千日手模様になるので、不成立。ここが引っかけ。

 飛車の方が成り返って、収束。天王山入りを阻止することに成功して、めでたし、めでたし。

 

フォルム

 作意としては、物語だけでなく、形にもこだわりがあって、陣形がシンメトリー(左右対称)になるから、本当は桂馬が入って玉が上がったところから5手詰めにしようかと迷った。桂馬を持ち駒にするかどうかも悩んだが、やはりパッカリンと跳ねるほうが桂馬らしいと盤上に配した。なるほど6五の歩は無くてよい駒だが、6筋に棒のようなものが出現するかたちと、無いと最終の飛車成の筋が見えやすくなるという、作者のわがままな理由で、あえて置いておいた。要するに、組み体操みたいに整列させたかった、というわけ。

 最初は小駒の桂馬が活躍し、最後は大駒の馬と竜と玉の頂上決戦となって幕。

 

効能

 5×6の範囲となったことと、駒数が多いのと、桂馬が複雑なので、脳内将棋盤で並べると、けっこう骨が折れる。トレーニング用にも好適。ぜひ一度お試しいただきたい。

 

詰将棋の解き方作り方 (1957年) (将棋ポケット文庫)