読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

角筋感覚を鍛える 有段者になるための角の上手な使い方

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

角筋感覚を鍛える

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

灯台が動いたら船陸に上がる

 角筋といっても、筋肉ではありません。角行の上手な使い方について、考察します。

 将棋の強い人は、大駒の活用が上手です。飛車は初心者でも割と活躍させているかもしれませんが、角行はなかなか扱いが難しい。ただ、私シュうぇッチマンは、角換わりを少年時代からエース戦法としてきたので、飛車より角行の方が得意。

 角を上手に使うコツは、むやみに動かさないこと。

 もちろん、例外は多々ありますが、基本的には灯台のように、どっしりとして、遠くから敵陣に光を当てているのが角だと思っています。これを私シュうぇッチマンは密かに「灯台の角」「長尻の角」と名づけています。

 サッカーに喩えてみましょう。フリーキックになった。強いキッカーが蹴る。ゴール前に壁ができる。いきなりシュートするのではなく、ボールを少し横に転がしてから、少しだけコースを変えてシュート! ゴール! (そういえば、昨日、日本代表、勝ったみたいですね。おめでとう。)

 将棋に戻すと、長尻の角は、なるべく相手の守備をラインに引きつけておくということが言いたいわけです。しかし、サッカー同様、あるとき、突然、角をひょいと動かし、ラインをがらっと変える。灯台が動くと、船たちは右往左往、混乱します。

 私シュうぇッチマンは、基本的に、これを狙っています。

 たぶん、このテクニックだけで、ブレークスルーが起き、初段になってしまう人がいるかもしれないと思い、書いてみました。 

 もちろん、受けの時は、角筋ずらしに対応することが大事であることは、論を俟ちません。

 

王様もトイレに行きたい

 ちなみに、玉についても、同じコツが使えます。ずっと同じ位置にましましている。けれども、あるとき、御大が「トイレ」と行って、1マス動く。標的がずれて、敵は大混乱。

 山が動いた。こうなると、混乱します。角や玉の定位置を相手に植え付けておいて、絶妙なタイミングで舞台転換を図る。これは他の駒にも応用できるテクニックですが、意外と誰も言語化していないように思います。

 

続ピリ将も、よろしく。

cixous1.hatenablog.com