読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

5手詰めのコツ 世界一詳しい解説の試み

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

5手詰めのコツ

 

f:id:Shouldgo:20161209174632j:plain

 

5手詰めを解けるようになるための11の方法

 3手詰めから5手詰めへのステップアップは、いちばん難しいと言われる。

 もっとも、私シュうぇッチマンは、子どもの頃に覚えたので、あまり苦労した記憶がない。だから、将棋にかぎったことではないけれども、なんでも子どもの頃に基礎をさせておいたほうがよいと、つくづく思う。

 とはいうものの、大人から始めても、たいていのものは身につけられるというのも、もうひとつの真実。

 そこで、どうすれば5手詰めが解けるようになるのかを研究してみようと、検索してみたら、このブログがヒットした。で、読んでみたが((^_^;)\(・_・) オイオイ)、なかなかよいことが書いてあった((^_^;)\(・_・) オイオイオイオイ)

 ただ、このブログの特長だから仕方がないけれども、具体論が足りないと感じた。そこで、具体論を補っておこうと考えた。

 抽象論からいくと、本編にも書いたとおり、3手詰めをまずは極めることが大前提。加えて、棋譜並べなどにより、脳内将棋盤づくりにいそしみ、単純にある程度の長さの手数を考えられるようにする。さらに、遠くの駒に注目し、作意に気づくという奥の手を身につける。だいたい以上が、抽象論のまとめとなる。

 具体論は、将棋タウン内、詰将棋専門学校さんの5手詰問題集の2番を例題にお借りしてきた。超・詳しい言語化による解説を試みて、責を果たしたい。

www.shogitown.com

 

例題の発表。

 

f:id:Shouldgo:20170404114405p:plain

 

 

 5手詰めである。まずは、普通に解いてみよう。5分以上、考えても答えが分からなければ、以下の解説を読んでほしい。(解けても、読んでみてほしい。)

 

 

 

 

 

 

 まず初手の見つけ方から。王手する手は、いくつか考えられる。

 しかし、盤上のと金を使う手は考慮の外に置こう。種駒がなくなるからだ。

 

  ▲2二と△同玉

 

 ここから詰ませられたら、プロ入りを考えた方がよい才能。

 飛や角で王手をしても、後手には豊富というより過剰な持ち駒があるので、合駒を打たれて、まったく詰まない。

 

 「第1条 種駒を絶やしてはいけない。」

 

 というわけで持ち駒を使う手を考える。

 持ち駒が2枚あるということは、持ち駒を使うだけで、3手分に相当する。言い換えれば、持ち駒を使うだけでは5手詰めは解けないということ。盤上に置いて、それを動かして詰ますのが5手詰めの特徴といえる。

 

※ちなみに、例外もあって、持ち駒のない詰将棋という新ジャンルも現れた。

 よい本だが、 1問だけ間違いがある。創元社のホームページに訂正があるので、参照されたい。上級者なら間違いを見つけるという楽しみ方もできるが。

持ち駒のない詰将棋5手 (将棋パワーアップシリーズ)

持ち駒のない詰将棋5手 (将棋パワーアップシリーズ)

 

 

 「第2条 持ち駒を打って、動かす。」

 

 さて、それでは持ち駒を打ってみよう。王手できる手は、次の3種。

 

 飛を打つ場合  ▲2二飛 または ▲1三飛

 角を打つ場合  ▲2一角

 

 実戦的な常識では▲2二飛か▲2一角と打ちたいところ。なぜかというと、大駒に紐(ひも)を付けておきたいと考えるから。

 大駒を捨てるのは、それだけ恐いという感覚は、非常に大事なことで、詰将棋をやり過ぎると、感覚が麻痺するから気をつけたい。

 しかし、詰将棋の場合は、大駒を捨てるという例外(「終盤は駒の損得より速度」という格言もある)をマスターする教材なので、常識的な手を選んではいけない。

 

 「第3条 非常識な手を探す。」

 「第4条 大駒を捨ててみる。」

 

 実際、▲2二飛や▲2一角と打つと、△1三玉と逃げられてしまい、つかまらなくなってしまう。退路を意識すると、詰将棋は解けるようになってくる。

 

 「第5条 退路に目を付ける。」

 

 ということで、退路に紐なしの大駒を捨てる▲1三飛があやしいとの感覚を手に入れることができる。

 そもそも一番遠くにある2五歩の存在があやしすぎるのだ。1三に逃がしても、それ以上は逃げられないことに気づこうではないか。

 しかも、▲1三飛と打った後の、後手の悩みを想像してみてほしい。△同玉なのか、それとも△同金なのか。うーん、悩ましい。

 そう、後手の応手が二択以上ある手を選ぶのもコツといえよう。

 

 「第6条 後手の応手が複数ある手を選ぶ。」

 

 △同金と取ると、退路を封鎖したことになり、▲2一角の3手詰で早詰み。

 

 「第7条 退路を封鎖する。」

 「第8条 3手詰めの筋を見つける。」

 

 3手詰めの筋を発見できたら、その近くに5手詰めの筋もある。正解は近い。

 △同玉と取ったら、どうなるか。退路なんだから、王様は喜んで遁走を企てる。

 初手▲2一角なら、ここで角が打てないところ。初手▲2二飛でも味方の駒が邪魔をして角が打てないところ。ということは、ここで角が打てるではないか。こう気が付けると、上達と言える。

 

 「第9条 ダメな手の理由を探す。」

 

 ただし、▲2二角と打つと、△1二玉で失敗する。さっきの飛車を捨てなければよかったと後悔することに。

 しかし、ここで大事な格言がある。「大駒は離して打て」

 

 「第10条 大駒をどこから打つか考える。」

 

 詰将棋の難題の場合、短打や限定打という例外もよくあるので、離して打つと覚えると、かえって柔軟さを失ってしまう。だから、「どこから打つか熟考する」と覚えた方がよい。

 ここでは短打ではダメなので、▲3一角と離して打つのが正解。

 以下、△1二玉の一手に▲2二角成となって、5手詰めの任務完了、である。

 ここで▲2二とだと事件で、△1三玉と逃げられてしまうので、注意しよう。

 

 「第11条 盤上の駒を成る。」

 

 将棋というゲームが、チェスと違うところは、持ち駒があるということと成れるということにある。詰将棋でも、チェスプロブレムとの違いでもある、この2つの要素を最大限に活用してくるから、肝に銘じておこう。

 

 それでは、以上を整理しておこう。

 正解手順は、▲1三飛△同玉▲3一角△1二玉▲2二角成まで。

f:id:Shouldgo:20170404114405p:plain

f:id:Shouldgo:20170404122031p:plain

f:id:Shouldgo:20170404122035p:plain

f:id:Shouldgo:20170404122039p:plain

f:id:Shouldgo:20170404122043p:plain

 

f:id:Shouldgo:20170404121832p:plain

 

 上記を繰り返しスクロールして、残像トレーニングに励んでほしい。

 と同時に、下記の11の方法を会得すれば、5手詰めが解けるようになるだろう。

 少なくとも、初手の発見がやさしくなるはずだ。

 

5手詰めを解けるようになるための11の方法

 「第一条 種駒を絶やしてはいけない。」

 「第二条 持ち駒を打って、動かす。」

 「第3条 非常識な手を探す。」

 「第4条 大駒を捨ててみる。」

 「第5条 退路に目を付ける。」 

 「第6条 後手の応手が複数ある手を選ぶ。」

 「第7条 退路を封鎖する。」

 「第8条 3手詰めの筋を見つける。」

 「第9条 ダメな手の理由を探す。」

 「第10条 大駒をどこから打つか考える。」

 「第11条 盤上の駒を成る。」

 

 このように法則化してみて気がついたが、これらの法則は実戦でも大いに役に立つ。退路にバンバン駒を放り込めるようになれば、あっという間に、香一枚は強くなるだろうし、後手の応手が複数ある手を選ぶようになれば、逆転勝ちが増えるだろう。

 私シュうぇッチマンも、これを毎日7回、音読することにしようかな。