ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

やさしさが裏目に ほろ苦い全国大会デビュー

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

やさしさが裏目

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

ほろにが全国デビュー

 新ブログでは書いたが、全国大会はほろにがデビューだった。

 ただ、課題の序盤では圧倒していたので、進歩はしたのかなと、今は落ち着いた気持ちである。嘘。悔しい気持ちは当然、強くある。次こそはと内心、期するところは大きい。

 要するに、相手の虚仮の一念、開き直って向かってくる迫力を敏感に感じ取るセンサーが曇っていたのが最大の敗因である。そう、油断してしまった。

 かつてはできたことが、今できなくなっている。これは技術ばかりにフォーカスしすぎたトレーニングの失敗を意味しているだろう。

 終盤、自玉をZにして、駒を取りまくって、鬼の勝ち方を目指しておけばよかったのに、格好をつけたがゆえに、ひっくり返されてしまった。しかも、そんな将棋を続けてしまったのは、本当に悔いが残る。

 今回は、全国大会出場を機に、棋風改造に取り組んだ。その成果もかなりあったけれども、しかし、最終的には、やはり真性の受け将棋だったということを再確認させられた。その良さを生かすべきだった。

 よって、これからは受け将棋に徹することを宣言する。もうぶれることはない。

 大山康晴先生、中村修先生、木村一基先生、永瀬拓矢先生など、受け将棋のお歴々の棋譜を徹底的に並べまくって、真性ど受け将棋指しを名乗りたい。

 他方、完勝型の谷川浩司先生、渡辺明先生、加藤一二三先生、石田和雄先生、豊島将之先生の将棋も並べて、完璧に勝つことも心がけたい。逆転されて負けるのは、やはり悔しいから。

 これに泥沼流の米長邦雄先生や、ちょいワル王子の山崎隆之先生といった逆転型の先生方の棋譜研究を加えて、わがシュうぇッチマンの新たな理想へ向けて、前進したい。

 まとめると、攻め将棋は排除し、受け将棋100%とする。ただし、受け将棋を作るために、攻め将棋を勉強するということはある。逆転型と逆転させない型については、どちらも勉強し、敗勢を劣勢に、劣勢を不利に、不利を有利にする力をつけると同時に、有利を優勢に、優勢を勝勢に、勝勢を勝ちにつなげる力を身につけたい。

 そのための強靱な足腰づくりにさっそく励んでいきたい。

 

完璧主義と非情主義

 完璧主義と非情主義は、どう同じで、どう違うのか?

 新ブログで質問があったので、私シュうぇッチマンの考えをここにも記しておく。

 難しい質問だが、完璧主義をどう定義するか、だと思う。非情主義は、基本的にはマインドの問題であるが、完璧主義は何を完璧にしたいのかで定義が変わる。

 たとえば、名局を生み出すことを目指すのが完璧主義だとしたら、最善手を追究することが完璧主義の要件ということになるだろう。ただ勝てばよいのではなく、対局者双方が最善手を追究した上で、結果的に紡ぎ出すことのできる名局を志向する。

 もし、そうだとしたら、名局でなくなった瞬間に、どうするかという問題が発生する。そこでポキッと心が折れてしまったら、完璧主義が逆にマイナスになってしまうだろう。

 たとえば、テストで100点以外に興味がない。99点は無意味。こういうふうに言っている子がいたとする。こういう子は成績は向上するだろうが、メンタルはボロボロになるだろう。妥協ができないのは、悲しい性である。

 非情主義は、第一義的には、感情的にならず、主観偏重に陥らず、冷静に、客観的に局面を捉えるという意味である。加えて、自身のメンタルに緩みが出さないという意味と、相手のメンタルがボロボロになることを厭わないという意味が含意されているだろう。後者は、相手や外野の声を慮って、負けるという事態を避けるという意味だ。格好つけて負けるということを防ぎ、万が一に備えて、保険をかけて勝つということである。

 私シュうぇッチマンは、ソフト対局やネット対局ではそういうことができるが、人間と向き合うと、そういうことができない人間であるようだ。これは職業も災いしていると思った。ともかく、私シュうぇッチマンは、将棋指しにしては、勝負師にしては、あまりにも優しすぎる。

 林成之『〈勝負脳〉の鍛え方』(講談社現代新書)に、「勝負の最中にリラックスするな」という教えがあるが、この教えを守れていないのだ。緊張感や集中力を維持することが、私シュうぇッチマンの課題である。

 

<勝負脳>の鍛え方 (講談社現代新書)

<勝負脳>の鍛え方 (講談社現代新書)

 

 

 これからは、血も涙もない勝ち方を、基本的な自身の勝ちパターンにしていきたい。

 つまり、私シュうぇッチマンが目指すのは、完璧主義というよりは、非情主義なのである。相手に精神的ダメージを与えまくる大山康晴十五世名人を理想とする。勝負に勝ち、相手の心も折り、二度ダメージを与える。

  

大山康晴の晩節 (ちくま文庫)

大山康晴の晩節 (ちくま文庫)

 

  

平凡は妙手にまさる―大山康晴名言集

平凡は妙手にまさる―大山康晴名言集

 

  

  

大山康晴名局集 (プレミアムブックス版)

大山康晴名局集 (プレミアムブックス版)

 

   

大山VS升田全局集

大山VS升田全局集

 

 

現代に生きる大山振り飛車

現代に生きる大山振り飛車

 

   

勝負のこころ (1976年) (PHP books)

勝負のこころ (1976年) (PHP books)

 

  

将棋駒箱「忍」

将棋駒箱「忍」