読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

感想戦(1) 感想戦をしない3つの理由

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

感想戦(1)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

感想戦をしない理由

 リクエストがあったので、感想戦についての連載を始める。

 最近は将棋界だけでなく、野球を論じるときにも「感想戦」が取り上げられているようだ。

 肝心の将棋においても、感想戦が非常に大事であることは、あちこちで言われているとおりで、言うまでもなく自明なことである。

 スポニチの記事にあるとおり、記憶力が重要だと私シュうぇッチマンも思う。たとえば、球界最年長の杉下茂の記憶力と、棋界最年長の加藤一二三の記憶力には共通するものがあるはずだ。

 ということは、感想戦とは、記憶をたしかにするために行うもの。これが第一なのかもしれない。

 

www.sponichi.co.jp

 

 

 ところが、いきなり告白するのだが、私シュうぇッチマンは、実は感想戦なるものをしない。

 もちろん、ここでいう「感想戦」は、本格的な感想戦を意味している。最低限の礼儀は尽くすし、かなり真剣になって再考する局面がないわけでもない。棋譜は、棋譜ノートに、その他のデータや情報はノートにびっしり記録している。

 けれども、本格的な感想戦をしたな、という充実感を持ったことは、これまでの短くはない人生においても、数える程度しかない。

 私シュうぇッチマンが感想戦をしない理由は、主に3つある。

 

1.棋力が低いから。

2.客観的に見られないから。

3.本気になれないから。

 

 1.

 実は、感想戦は、強い人がしないと意味がない。弱い人がいくら考えても、その将棋の本質を衝くことはできない。

 そういう意味では、ソフトで解析するのが、究極の感想戦のやり方だと言えそうだが、私シュうぇッチマンは、それを自らに禁じている。

 これは単なるプライドであり、美学でしかない。意地を張るのはよくないということは重々承知しているものの、自分自身(人間)の頭で考えることにこだわりを持っているので、仕方がない。

 ある人が(人間ならプロでも可)パッと直観(直感)で手を指摘する感じが私シュうぇッチマンはほしいのであって、「正解」がほしいのではない。秒読みで指せない手は、プロではないので、基本的に必要としていない。

 

 2.

 勝局を検討することは好きだが、敗局を検討することは苦手である。どうしても客観的に見られない。

 もちろん、感想戦をしないと言っても、要所を確認する程度のことはする。しかし、それ以上の踏み込んだ感想戦はしない。これもよくないことだと自らに言い聞かせてはいるのだけれども、やはり、自身の負けず嫌いを克服できていない。

 

 3.

 本気になれないというのは、自身についても言えるし、相手についても該当する。

 対局だと、双方が本気であることが前提となっていよう。けれども、感想戦では、双方が本気という保証がない。

 プロでも、感想戦でも相手を負かしに行くタイプと、そうでないタイプがいるという。私シュうぇッチマンの場合、後者だ。私シュうぇッチマンの相手も、後者が多い気がする。

 したがって、相手が感想戦を受けてくれないというのは、私シュうぇッチマンの場合、即去りのことをいうのではない。相手が受けてくれないというのは、相手が本気でないという意味だ。

 もっとも、私シュうぇッチマンの側でも、自身が勝ったとき、感想戦では相手に負けてあげるという優しさが、つい働いてしまう。

 これも本当はよくないことで、感想戦でも負かすくらいの気迫がほしいところだが、ここでは教育的な部分が出てきてしまうのだ。つまり、感想戦では実戦のようには本気になれないということである。気迫が希薄、適当に片づけてしまう。

(もし許されるなら、「待った」戦をしたいものだ。どこかに局面を戻して、もう一戦。これが一番楽しいし、強くなれる気がするのだが、これに付き合ってくれる人を探すのが大変だし、ネットではそれができようはずもない。)

 

 以上の3点をまとめると、私シュうぇッチマンは、ガチの感想戦ができない性格のようである。これは性格としか言いようがない。

 よって、実戦に全身全霊をかけて臨み、感想戦は爽やかに、さっぱりと終わらせる主義ということになる。実戦がすべてであり、感想戦は出がらしのようなもの。

 だが、基本はそうでも、それだけではいけないので、応用編については、次回、改めて仕切り直してみよう。キーワードは、「リプロダクト」になる予定。