ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

感想戦(3)強い人に教わる/弱い人に教える

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

感想戦(3)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

強い人に教わる/弱い人に教える

 力の差というものは、歴然とあるものだ。

 弱い人どうしの「対戦」には意味がある。好敵手が互角であればあるほど、切磋琢磨して強くなれる。

 が、それはあくまでも「対戦」の話。弱い人どうしの「感想戦」に意味があるかと問われれば、はなはだ疑問といわざるをえない。かえって間違えたことを教え合っている恐れもあるからだ。

 強い人に教わる。「感想戦」は、結局、これに尽きるだろう。

 自身より少し差のある相手と戦うことは、「対戦」としての意味は薄くても、「感想戦」の質において意味がある。

 一番よいのは、互角の対戦相手と戦っているところを、強い人に見てもらって、講評してもらう方法だろう。

 昔の新聞の将棋欄は、低段者どうしの対戦を高段者が講評するという形式だったし、今でも弟子が師匠に棋譜を見てもらうことはあるようだ。

 強い人は、反対に弱い人に将棋を教えてあげてほしい。裾野を広げる普及はアマといえども大事な使命だと思うし、単なる親切というより、自身が強くなるのにも役に立つからだ。

 私シュうぇッチマンは、このブログを書き始めるまでは、上級者が初段になることにはかなり関心があったものの、初心者や初級者が中級者になるためのメソッドは、まったくといってよいほど持ち合わせていなかった。ところが、このブログを始めたことをきっかけに、そういうことも具体的に知り、考えるようになった。そして、それは自身の棋力向上にも大いに役に立ったのである。

 教える際に気をつけることは、しゃべりすぎないことと、考えさせること。

 教わるほうも飽和してしまうので、教える量を抑えてワンポイントアドバイスくらいにとどめておいた方がよいだろう。 疑問文を多用すると、考えさせることができる。

 感想戦、最終的には、独りでやるのが正解ではなかろうか。