ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

読み切れたら初段以上 次の一手迷人戦(2)【解答解説編】

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

次の一手迷人戦(2)【解答解説編】

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

 問題図を再掲する。 

 

 

f:id:Shouldgo:20170513121330p:plain

 

 先手玉には、詰めろがかかっている。△3九銀不成▲1八玉△1七香▲同玉△2五桂▲2六玉△3五金で詰む。△3九銀不成に▲同玉も、手数は伸びるが、二枚竜が働くので、見込みなし。具体的には、△6九竜寄▲4九歩△4八金▲2八玉△3八金▲1七玉△2五桂▲2六玉△2五銀で、詰んでいる。

 これに対して、先手は持ち駒が銀一枚だから、後手玉に即詰みはない。

 負けかといえば、しかし、そんなことはない。

  ▲2六歩!

 これが絶妙な詰めろ逃れの必至で際どく勝っている。

 最終盤で、ただ逃げ道を開けるだけの手は悪手になることが多いが、この場合は相手の玉を四段目まで引き上げているので例外。

 ▲2六歩は、いうまでもなく▲2五銀という一手詰めをねらっている。と同時に、馬が攻防に利くようになるので、非常に味がいい。

 後手玉に受けはないようだ。△3三桂打が妙防で、▲同角成△同桂▲3六桂△1三玉▲2二銀△1二玉▲1一銀成△同玉と追うと逃れているが、シンプルに▲2五銀と打ち、以下△同桂▲同歩△同玉に再度の▲2六歩がしゃれた手で、以下△同玉なら▲3六馬、△2四玉なら▲3六桂△3五玉▲4四馬で寄っている。▲2六歩のところを▲1七桂は別解だが、▲3六馬としてしまうと△2四玉が打ち歩詰めの形になり事件、先手が青ざめることになるだろう。

 先手玉もぎりぎり寄らない。△3九銀不成▲1七玉に△2五桂なら▲同歩が逆王手。なお、▲1七玉以外の手はすべて詰みだから、逃げ方には注意しよう。

 この局面から考えても、以上のように結構、難しいのではないかと思うわけだが、それを十数手前から読み切っていたのが、我ながらうれしくてしかたがないという将棋だった。

 接戦を制することができると、将棋はまた楽しくなってくるし、終盤力を鍛えるモチベーションにもなるようだ。

 

(訂正とお詫び)

 カラバイヨさんのご指摘のとおり、この局面では即詰みがあった。

 ▲3三銀△同桂▲同角成△1三玉▲2五桂△1二玉▲2二馬までの7手詰め。

 玉が上部に逃げるのは、▲3六馬があり、無効。

 カラバイヨさんに謝意を表するとともに、読者の皆様には、上記のごとく、訂正してお詫び申し上げます。