ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

ちょい荒 将棋急戦・乱戦講座(2)インスタント囲いその2

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

シュうぇッチマンの将棋急戦・乱戦講座(2)

 

f:id:Shouldgo:20161025191302p:plain

 

玉のインスタント囲い(2)

 

 おはよう。ピリギゃルだよ。

 今日も、昨日に引き続いて、シュうぇッチマン先生によるインスタント囲いシリーズをお送りします。

 簡単にポイントを整理しておくと、「『居玉は避けよ』で、1手だけ玉を動かしたら、後は定跡を無視してガンガン攻める。」というのが、この講座のコンセプトです。

 で、今回の棋譜は、こちら。

 って、あれれ、スクロールしても、スクロールしても、青い山。by種田山頭火。(ウソ)

 手数が長すぎる気がするのですが、先生、苦戦? それとも、攻めまくるというコンセプトを無視して、受け将棋に戻った? ちょっと、先生、先生!

 

PCなどで並べる方は、こちら: 

https://noike.info/yourls/7yr49lgzec

 

盤駒などで並べる方は、こちら:

開始日時:2017/5/31 12:30:16
手合割:平手
先手:シュうぇッチマン
後手:M氏
手数----指手---------消費時間----
1 2六歩(27) (00:00/00:00:00)
2 3四歩(33) (00:00/00:00:00)
3 2五歩(26) (00:00/00:00:00)
4 3三角(22) (00:00/00:00:00)
5 7六歩(77) (00:00/00:00:00)
6 4二銀(31) (00:00/00:00:00)
7 7八金(69) (00:00/00:00:00)
8 5四歩(53) (00:00/00:00:00)
9 3八銀(39) (00:00/00:00:00)
10 6二銀(71) (00:00/00:00:00)
11 3六歩(37) (00:00/00:00:00)
12 5三銀(62) (00:00/00:00:00)
13 3七銀(38) (00:00/00:00:00)
14 4四銀(53) (00:00/00:00:00)
15 4六銀(37) (00:00/00:00:00)
16 5三銀(42) (00:00/00:00:00)
17 3八飛(28) (00:00/00:00:00)
18 3二金(41) (00:00/00:00:00)
19 6九玉(59) (00:00/00:00:00)
20 4一玉(51) (00:00/00:00:00)
21 3五歩(36) (00:00/00:00:00)
22 同 歩(34) (00:00/00:00:00)
23 同 銀(46) (00:00/00:00:00)
24 同 銀(44) (00:00/00:00:00)
25 同 飛(38) (00:00/00:00:00)
26 4四銀(53) (00:00/00:00:00)
27 3八飛(35) (00:00/00:00:00)
28 4二角(33) (00:00/00:00:00)
29 6八銀(79) (00:00/00:00:00)
30 8四歩(83) (00:00/00:00:00)
31 4六歩(47) (00:00/00:00:00)
32 8五歩(84) (00:00/00:00:00)
33 4五歩(46) (00:00/00:00:00)
34 3三銀(44) (00:00/00:00:00)
35 2四歩(25) (00:00/00:00:00)
36 同 歩(23) (00:00/00:00:00)
37 4四歩(45) (00:00/00:00:00)
38 同 銀(33) (00:00/00:00:00)
39 2三歩打 (00:00/00:00:00)
40 3一銀打 (00:00/00:00:00)
41 3五銀打 (00:00/00:00:00)
42 同 銀(44) (00:00/00:00:00)
43 1一角成(88) (00:00/00:00:00)
44 3三桂(21) (00:00/00:00:00)
45 3五飛(38) (00:00/00:00:00)
46 2三金(32) (00:00/00:00:00)
47 1二馬(11) (00:00/00:00:00)
48 3二銀打 (00:00/00:00:00)
49 3八飛(35) (00:00/00:00:00)
50 1四歩(13) (00:00/00:00:00)
51 7七銀(68) (00:00/00:00:00)
52 3四歩打 (00:00/00:00:00)
53 3七香打 (00:00/00:00:00)
54 6四角(42) (00:00/00:00:00)
55 1八香(19) (00:00/00:00:00)
56 3七角成(64) (00:00/00:00:00)
57 同 飛(38) (00:00/00:00:00)
58 9四歩(93) (00:00/00:00:00)
59 9六歩(97) (00:00/00:00:00)
60 4四香打 (00:00/00:00:00)
61 5九金(49) (00:00/00:00:00)
62 2五桂(33) (00:00/00:00:00)
63 2七飛(37) (00:00/00:00:00)
64 2二銀(31) (00:00/00:00:00)
65 5三角打 (00:00/00:00:00)
66 3三銀(32) (00:00/00:00:00)
67 7五角成(53) (00:00/00:00:00)
68 3五歩(34) (00:00/00:00:00)
69 5六歩(57) (00:00/00:00:00)
70 3六歩(35) (00:00/00:00:00)
71 2六銀打 (00:00/00:00:00)
72 5一玉(41) (00:00/00:00:00)
73 5五歩(56) (00:00/00:00:00)
74 同 歩(54) (00:00/00:00:00)
75 2一馬(12) (00:00/00:00:00)
76 5二金(61) (00:00/00:00:00)
77 5七飛(27) (00:00/00:00:00)
78 3四金(23) (00:00/00:00:00)
79 5五飛(57) (00:00/00:00:00)
80 5三歩打 (00:00/00:00:00)
81 5七飛(55) (00:00/00:00:00)
82 3七歩成(36) (00:00/00:00:00)
83 同 桂(29) (00:00/00:00:00)
84 同 桂成(25) (00:00/00:00:00)
85 同 飛(57) (00:00/00:00:00)
86 2五歩(24) (00:00/00:00:00)
87 3五銀(26) (00:00/00:00:00)
88 同 金(34) (00:00/00:00:00)
89 同 飛(37) (00:00/00:00:00)
90 3四歩打 (00:00/00:00:00)
91 2五飛(35) (00:00/00:00:00)
92 2四歩打 (00:00/00:00:00)
93 2九飛(25) (00:00/00:00:00)
94 6四銀打 (00:00/00:00:00)
95 5七馬(75) (00:00/00:00:00)
96 6五桂打 (00:00/00:00:00)
97 5八馬(57) (00:00/00:00:00)
98 7七桂成(65) (00:00/00:00:00)
99 同 桂(89) (00:00/00:00:00)
100 8六歩(85) (00:00/00:00:00)
101 同 歩(87) (00:00/00:00:00)
102 同 飛(82) (00:00/00:00:00)
103 8七金打 (00:00/00:00:00)
104 8二飛(86) (00:00/00:00:00)
105 8三歩打 (00:00/00:00:00)
106 同 飛(82) (00:00/00:00:00)
107 8六歩打 (00:00/00:00:00)
108 7四歩(73) (00:00/00:00:00)
109 1四馬(58) (00:00/00:00:00)
110 2三銀打 (00:00/00:00:00)
111 5八馬(14) (00:00/00:00:00)
112 1四歩打 (00:00/00:00:00)
113 1六歩(17) (00:00/00:00:00)
114 7三桂(81) (00:00/00:00:00)
115 6六歩(67) (00:00/00:00:00)
116 5四歩(53) (00:00/00:00:00)
117 1五歩(16) (00:00/00:00:00)
118 同 歩(14) (00:00/00:00:00)
119 1二歩打 (00:00/00:00:00)
120 4二金(52) (00:00/00:00:00)
121 1一歩成(12) (00:00/00:00:00)
122 3二銀(23) (00:00/00:00:00)
123 1二馬(21) (00:00/00:00:00)
124 2三銀(22) (00:00/00:00:00)
125 1三馬(12) (00:00/00:00:00)
126 8二飛(83) (00:00/00:00:00)
127 1二と(11) (00:00/00:00:00)
128 同 銀(23) (00:00/00:00:00)
129 同 馬(13) (00:00/00:00:00)
130 5五銀(64) (00:00/00:00:00)
131 6七銀打 (00:00/00:00:00)
132 4六銀(55) (00:00/00:00:00)
133 1四歩打 (00:00/00:00:00)
134 4七銀成(46) (00:00/00:00:00)
135 6八馬(58) (00:00/00:00:00)
136 8五歩打 (00:00/00:00:00)
137 同 歩(86) (00:00/00:00:00)
138 同 桂(73) (00:00/00:00:00)
139 8六歩打 (00:00/00:00:00)
140 7七桂成(85) (00:00/00:00:00)
141 同 金(78) (00:00/00:00:00)
142 5五桂打 (00:00/00:00:00)
143 1三歩成(14) (00:00/00:00:00)
144 4八成銀(47) (00:00/00:00:00)
145 同 金(59) (00:00/00:00:00)
146 6七桂成(55) (00:00/00:00:00)
147 同 金(77) (00:00/00:00:00)
148 4八香成(44) (00:00/00:00:00)
149 7八玉(69) (00:00/00:00:00)
150 4四歩(43) (00:00/00:00:00)
151 2三と(13) (00:00/00:00:00)
152 同 銀(32) (00:00/00:00:00)
153 同 馬(12) (00:00/00:00:00)
154 3二銀打 (00:00/00:00:00)
155 1四馬(23) (00:00/00:00:00)
156 3八成香(48) (00:00/00:00:00)
157 8九飛(29) (00:00/00:00:00)
158 2三金打 (00:00/00:00:00)
159 1五馬(14) (00:00/00:00:00)
160 2八成香(38) (00:00/00:00:00)
161 1六香(18) (00:00/00:00:00)
162 1四歩打 (00:00/00:00:00)
163 3七馬(15) (00:00/00:00:00)
164 1八成香(28) (00:00/00:00:00)
165 8二馬(37) (00:00/00:00:00)
166 1七成香(18) (00:00/00:00:00)
167 1一飛打 (00:00/00:00:00)
168 5二玉(51) (00:00/00:00:00)
169 1四香(16) (00:00/00:00:00)
170 同 金(23) (00:00/00:00:00)
171 同 飛成(11) (00:00/00:00:00)
172 2七成香(17) (00:00/00:00:00)
173 1一竜(14) (00:00/00:00:00)
174 4三玉(52) (00:00/00:00:00)
175 9一馬(82) (00:00/00:00:00)
176 2六成香(27) (00:00/00:00:00)
177 3一銀打 (00:00/00:00:00)
178 4一金(42) (00:00/00:00:00)
179 7三馬(91) (00:00/00:00:00)
180 2五成香(26) (00:00/00:00:00)
181 1四歩打 (00:00/00:00:00)
182 4五歩(44) (00:00/00:00:00)
183 6二馬(73) (00:00/00:00:00)
184 3五歩(34) (00:00/00:00:00)
185 1三歩成(14) (00:00/00:00:00)
186 3四玉(43) (00:00/00:00:00)
187 2九香打 (00:00/00:00:00)
188 4四香打 (00:00/00:00:00)
189 5六桂打 (00:00/00:00:00)
190 3六成香(25) (00:00/00:00:00)
191 4四桂(56) (00:00/00:00:00)
192 同 銀(33) (00:00/00:00:00)
193 1四と(13) (00:00/00:00:00)
194 2五桂打 (00:00/00:00:00)
195 6一馬(62) (00:00/00:00:00)
196 4三銀(32) (00:00/00:00:00)
197 2二銀(31) (00:00/00:00:00)
198 3二金(41) (00:00/00:00:00)
199 1三竜(11) (00:00/00:00:00)
200 4六歩(45) (00:00/00:00:00)
201 2四と(14) (00:00/00:00:00)
202 投了 (00:00/00:00:00)
まで201手で先手の勝ち

 

 

 はい、こちら、シュうぇッチマン。おはよう。

 さて、手数が長くなったのは、申し訳ない。こっちが駒得して、相手が粘ってきたからね、仕方がなかったの。

 駒得した場合は、長引かせれば勝てる。反対に、駒損した場合は、無理気味にでも流れを急にするのがセオリーというもの。

 ところが、相手の方が非常に粘り強い方だったので、今回の展開はやむをえなかったというわけ。

 全部は大変なので、序中盤あたりを以下、掘り下げて、解説してみよう。

 

1.インスタント囲いPart2

 

f:id:Shouldgo:20170531135352p:plain

 

 今回の戦型は、袖飛車。飛車を1つだけ横に動かす戦法。

 飛車を切る展開も予想されるので、玉は1段目に寄り、金も1段目に残したインスタント囲いを完成させた。

 もし居玉のままなら、△1五角の筋が恐すぎて、とても戦いを起こす気になれない。たとえば、3七に歩を叩いて、王手飛車の筋など。子どもの頃、ライバルが早石田党だったので、この玉逃げの感覚は自然に身についてしまった。玉を1つ寄るだけで、安心感がまったく違う。

 

2.角交換をしない理由

 

f:id:Shouldgo:20170531135607p:plain

 

 3筋からさっそく開戦。

 ▲3五飛で▲3三角成は、少し損。というのは、相手の角は1手かけて上がった角。つまり、手損している。相手から角交換させれば、さらに手損させることができるという計算なのだ。だから、こちらからは換えたくない。

 しかも、こちらから角交換すると、8八の地点に隙ができてしまう。後手から4四角や5五角などと打たれて受けさせられるよりは、相手の手に乗って銀を8八へ上がった方がさらに手得なのである。

 最近のプロは一手損などをあえて選ぶことが多いが、基本の手得・手損の計算はできるようになっておいた方がいい。原則、序盤からの大きな手損は避けた方が無難であるから。

 相手もそのことが分かっているから、△4四銀と角交換を拒否してきた。当然である。それに、相手が攻めてこようとしているときに、大駒交換を迫ってきたら、原則、拒否することから考えたほうがよい。これが後手側から見た場合の考え方。

 

3.守備銀の動かしどころ

 

f:id:Shouldgo:20170531140654p:plain

 

 角を引いて、角を転換して使おうとしてきたここが、銀を上がるタイミング。

 後手は飛車筋を突いていない。また、8八で角交換することもなくなったので、▲6八銀と上がり、壁銀を解消しつつ、中央を厚くする。守備銀を8八へ上がるか、6八へ上がるかは、このように相手の陣形に合わせて考えよう。

 

4.開戦は歩の突き捨てから

 

f:id:Shouldgo:20170531141052p:plain

 

 3筋に続いて、4筋、さらに2筋の歩を切って行った。

 ▲4六歩と突いたのは、△6四角の防ぎと見せかけて、実は攻めの手。8筋からの攻めが飛んでくる前に、攻勢をとった。

 銀取りなので、△3三銀と引いたが、そこで▲2四歩と捨て、△同歩に▲4四歩と捨てる。△同銀で歩を損しているように見えるかもしれないが、これが突き捨ての歩という手筋である。角道と飛筋を最大限に活用するために、2~4筋の歩を切っておいて、歩を叩いたり垂らしたりしようというのだ。

 仮に4七歩のままにしておくと、終盤で歩を攻めに使うことができない。4六、4五と2手かかるが、相手の駒にぶつければ、相手も無視はできないので、対応してくれる。だから1手損かもしれないが、歩が持ち駒にあれば、いきなり敵陣に打つことができるので、3手くらい得する計算になるのだ。

 歩を前進させることは、やはり将棋の基本である。

 

5.突き捨ての歩からの垂れ歩

 

f:id:Shouldgo:20170531141653p:plain

 

 突き捨ての歩の後は、垂れ歩。

 相手からしたら、▲2三歩は、実に嫌みな垂れ歩だろう。△同金には▲3二銀の王手金取り。放置しても、「拠点をつくってぶち込み」という大学将棋部の鉄言どおり、▲2二銀と打てば、一丁上がり。後手は△3一銀と打つしかないが、せっかく交換した銀を自陣に使わされてしまった。

 

6.飛と角で攻める

 

f:id:Shouldgo:20170531141939p:plain

 

 角筋を生かしたら、今度は飛筋も生かしておこう。

 こちらの銀は攻めに使うと、▲3五銀。

 △同銀には▲同飛とせず、▲1一角成。銀よりも、上隅を崩すほうが大きいとみている。放置できないので、△3三桂だが、そこで▲3五飛と銀を取り返せば、馬ができたうえに香の丸得である。

 

7.守備銀の動かしどころPart2

 

f:id:Shouldgo:20170531142223p:plain

 

 馬を作り、銀香を持ち駒にし、香得だが、馬を封じ込められ、歩切れであるのはマイナス。飛車を引いておいて、次にどうしようかというところ。

 こういう手の広い局面では手渡しがよい。自陣に手を入れておく。今回はインスタント囲いにするという制約があるため、銀を上がっておいた。8六から攻めてくるのが予想されるため、その防ぎであると同時に、飛車を引いたので、飛車の横利きを通しておいたという2つの意味がある。

 

8.先受けの技術

 

f:id:Shouldgo:20170531145822p:plain

 

 前譜からは、△3四歩に▲3七香とした。3四の地点を狙うだけでなく、角出をあらかじめ受けている意味がある。案の定、△6四角と出てきたが、ここでさらに▲1八香が用心深い手。

 この後、後手が痺れを切らしたのか、私シュうぇッチマンをなめているのか、おそらく両方だろうが、3三角成と角を切ってきた。「飛んで火に入る夏の虫」とは、このことよ。もともと香得だったので、これで純粋な角得となった。

 ここまで大差になったら、後はじっくり指すしかない。そしたら、相手もじっくり来るものだから、長引いた。けれども、苦戦したわけではなく、腰を落として指したまでのこと。興味のある方は、棋譜をご覧ください。ちなみに、相手に大きなミスが出るが、それはこの将棋が10秒将棋だったから。

 本日も拙譜の解説にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 シュうぇッチマン先生、どうもありがとうございました。

 電光石火で勝つのかと思いきや、超スローペースの将棋になった理由がわかった気がします。自陣がインスタント囲いで、相手が粘りに来ると、このように慎重な戦い方が必要なのかもしれませんね。ただ、先生の棋風という問題も間違いなくあるような気がしますが。

 個人的には4筋の歩が切れている先手に対し、後手の6筋の歩が進んでいないところが勝負の分かれ目だったのかなと感じています。

 それでは、皆さん、ありがとうございました。ごきげんよう