ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

ピリギゃルの大局観&形勢判断 特別講座(おまけだよ♪)

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

ピリギゃルの大局観&形勢判断 特別講座(おまけだよ♪)

 

f:id:Shouldgo:20161025191302p:plain

 

おはよう。こんにちは。こんばんは。ピリギゃルです。

朝・昼・晩に、ご覧になっている方もいらっしゃるかなと思って。

今日は、昨日の大局観&形勢判断講座の、おまけ。

 

さっそく盤面をご覧ください。

これは私の実戦。

形勢をどうご覧になります?

 

f:id:Shouldgo:20170606204057p:plain

 

形勢判断は、駒の損得・駒の効率・手番の3要素で判断するのでした。

 

駒の損得は、先手の私の桂損。

 

駒の効率は、相手の矢倉が角付きで金銀3枚。対して、私の美濃は角付きで金銀2枚。

左桂をちぎり取られてしまったので、金がそっぽへ行ってしまったのが、なんともお恥ずかしいかぎり。

 

ただし、私の方が一路深く囲っていて、端歩も突いているので、深さと広さでは優っているかな、と。相手の玉は、壁形になっていて、窮屈そうだし。

 

攻め駒の効率は、私の大駒がのびのびとしているのに対し、後手はやはり窮屈そう。

7筋は渋滞しているし、5三に歩を打たせた効果で、角も可動域がわずか2マス。

 

手番は、後手が△7六歩と打ってきたところ。

角が利いていますが、△4五桂打などが来ると、眠っている飛車が目を覚ましそうなので、受けたほうがよさそうだなという勘がはたらいて、実質的には後手番かな。

 

というわけで、形勢は互角か、少し先手よし、というふうに私は判断しましたが、合ってます?

 

方針としては、相手の大駒を働かさず、玉を固めさせない。同時に、左金の扱いがポイント。また、相手から速い攻めはなさそうなので、手番を渡しても、それほど大きな影響はない。

 

実戦は▲7八金と遊び駒を活用しながら、と金づくりを先受けしておきました。

どこかで▲8二歩成としたいんですが、△同飛が金に当たってしまうのを避けたという意味もあります。地味な手だけど、大事な手だと手応えを感じました。少しでも玉に近付ければ、守備駒の効率での差を縮められるはずだから。(同じようでも▲7九金は、桂馬のふんどしをくらって、ギャフンなので、気をつけましょう。)

 

この後は、玉を矢倉に入場されてしまったのですが、▲3六歩~▲3七角と角を転回し、大駒の働きの差と、と金を作って、何とかものにすることができました。▲7八金も、最後にちゃんと働いてくれましたよ。めでたし、めでたし。チャンチャン