ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

ピリギゃルの「終盤は駒の損得&速度の両立」

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

ピリギゃルの「終盤は駒の損得&速度の両立」

 

f:id:Shouldgo:20161025191302p:plain

 

藤井聡太君が、超やばい☆

朝、テレビの特集を見ていて、遅刻しそうになった。

扇子のオンライン販売、10時からだけれど、買えるかな。

「大志」扇子、ほしいなあ。

 

あ、名乗り忘れた。ピリギゃルです。

今日は、終盤の駒得について、考え方を紹介します。

 

それでは、盤面をご覧ください。

 

f:id:Shouldgo:20170608094935p:plain

 

仮想図です。(右下の穴熊もどきは、倉庫なので気にしないでください。)

 

この局面で、「終盤は駒の損得より速度」とか言って、▲7二飛成とするのは、最悪。なぜなら、その後が続かないから。

 

「『攻め』とかけて、『線路』と解く。」

「その心は?」

「どこまでも続かないと意味がありません。」

「座布団、十枚!」

 

この局面での考え方は、とにかく、あせらないこと。じわじわ真綿で首を絞めるように責めていけばいいんです。

 

注目ポイントは、まず自玉の安全度。この仮想図には、玉がいません。つまり無敵。何百手指しても、負けないようにできている。だから、あせっちゃ、ダメですよ。

 

次の注目ポイントは、持ち駒。お互い「なし」です。だから、持ち駒を手に入れればいいんですね。

 

とはいうものの、この局面、意外と読み切るのは大変。皆さん、どうぞお考えになってくださいまし。

 

 

私の読みは、こうです。

 

 ▲1二飛成

 

これは、おそらく皆さん、正解できると思います。

 

 △8六歩

 

後手はこのくらいしか手がありません。

 

 ▲8五香

 

これも当てられるでしょう。

 

 △7一玉

 

これも必然手。他の手なら金を取られて詰みます。

で、次の手が初級者の方には案外、難しいかも。

 

f:id:Shouldgo:20170608095806p:plain

 

いくつか候補手が考えられます。

 

 A ▲2一竜

 B ▲1四竜

 C ▲5二竜

 

まずAの候補手▲2一竜ですが、これは下手をすると「王手は追う手」の典型例になりますが、この場合は成立しています。

 

以下、△6二玉▲3二竜△7一玉▲4一竜△6二玉▲4二竜△7一玉▲5一竜までの詰み、となって、最善手。ただ、実戦はこんなにうまく行くことはまずないと思うし、少々まどろっこしいかな。

 

次にBの候補手▲1四竜は歩を補充した一手。歩も馬鹿にはできず、いい手ですが、センスがよくない。というのも、取った歩も、動いた竜も、すぐには役立ちそうもありませんから。これは速度にちょっとだけ問題があるかもしれません。

 

最後のCの候補手▲5二竜が、次善手ですが、実戦的にオススメの一手。「『寄せ』は大駒を『寄せる』という意味だよ」と、昔、シュうぇッチマン先生に教わりました。

 

以下、△8七歩成▲5一竜△6一桂▲8七歩と進みます。

 

後手は桂馬を入手しましたが、▲同歩としてはいけません。すぐに▲5一竜と合駒を請求するのがポイント。「王手は先手」です。そうすれば、相変わらず持ち駒なし。こちらは手順に歩を手に入れました。桂損しましたが、「持ち駒あり」対「持ち駒なし」に。

 

f:id:Shouldgo:20170608102335p:plain

 

後手の側に立ってみてください。

そうです。指す手がありません。一手パスしたいレベル。

まあ仮に△9二香としましょうか。以下、▲6五歩△同歩▲6二歩△同金▲8二香成△同玉▲6二竜△7二香と進みます。

 

f:id:Shouldgo:20170608102841p:plain

 

相手には歩しか渡していません。

こちらは後手の唯一の守備駒である金をゲット。

 

この局面では詰みはありません。間違っても▲7二竜などと暴発しないでね。

ここからは焼くなり煮るなり、お好みで。

 

 D ▲6一竜

 E ▲6三金

 F ▲8六歩

 

▲6一竜と駒得を図るもよし。▲6三金と数を足してもよし。シュうぇッチマン先生なら▲8六歩かもしれませんよ。

 

▲6三金は詰めろではありません。放置したら▲7二金△8三玉▲7三竜までの詰み。というのはウソで、▲7三竜には△同桂で、事件。油断大敵です。△8三玉に香を打っても、連打の歩で受かります。▲7二竜△9一玉と狭い方へ追っておいて、▲8六香と必至をかけるのが本筋でしょうか。

 

こういう紛れもないわけではないので、格好つけずに▲6一竜と駒得を図るのが確実かもしれません。

 

ここまでをまとめてみましょう。

 

Aの候補手は即詰みに討ち取る順で、最善手。

Bの候補手は駒得に走る手で、遅いけれども、確実な手。

Cの候補手は玉ではなく、金を取りに行く手で、速さと駒得を両立した次善手。

 

どれも正解ですが、私としてはCを推したいと思います。

 

今をときめく藤井君のように大駒をバンバン切る将棋に憧れるんですが、でも、シュうぇッチマン先生に「3年早い」って叱られるし、事実それでは勝てないので、Cをオススメしておきますね。

 

ではでは、今日も担当はピリギゃルでした。バイバイ。