ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

シュうぇッチマンの将棋講座「受け切りの技術」

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

シュうぇッチマンの将棋講座「受け切りの技術」

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

受けきりの技術

 

 おはようございます。

 吾輩は、攻めより受けが好きなシュうぇッチマンである。

 というわけで、本日の講座のテーマは、「受けきりの技術」。

 

 昨日、受けきった将棋があるので、紹介しよう。

 戦型は相振り飛車。相手は文字通りのノータイムで指してくるので、もしやと思ったが、インスタント囲い、玉砕覚悟の無理攻めでいらっしゃった。

 石田流づかいの中には、早石田しか指さないという筋金入りの「マッド石ディスト」がいるので、注意が要る。

 まあ、こういう狂った石ディストに出会ったら、「連敗でもして、むしゃくしゃしているのだろう」と勝手に相手の心理を決めつけて、こちらは時間をしっかり使って、冷静に指す。

 迎えた局面が、下図。

 

f:id:Shouldgo:20170610174500p:plain

 

 私シュうぇッチマンが▲3七銀とした局面。なんとなく飛車を引かない予感がしたが、やはり案の定、△3七飛成と切ってきた。

 こうなったときは、心臓が早鐘を打つようにドキドキする。うれしさ8割、恐さ2割。

 そして、こうなったときは、必然手である▲同桂を着手する前に、たっぷりと時間をかけなければならない。自らにこう言い聞かせるために。

 

「私シュうぇッチマンは、将棋の真理に忠実なる下僕なり。相手のかかる横暴にして横着なる玉砕気味の無理攻めは、断じて許すわけにはいかない。かかる邪智、かかる暴虐、かかる奸佞を咎めるがため、自身の全精神と全思考を傾注して、断々乎として徹底的に受けきり、受けつぶすことを将棋の神に誓う。月に変わってお仕置きよ。」

 

f:id:Shouldgo:20170610174512p:plain

 

 無理攻めといっても、油断はならない。相手のねらいは二枚替えから、玉頭を抑えることで、侮ると痛い目に遭う。相手には相手のねらいがあるのだ。

 まず受けきりの第一弾が、▲3八歩。桂馬を取られるのは、飛車を恵んでくれた以上、仕方がないと諦める。けれども、2次被害は防ぐ。玉頭にと金をつくらせるわけにはいかないので、それを取りに行くのが、この歩打ち。駒損しても、種駒をつくらせない。受けの基本だ。

 

f:id:Shouldgo:20170610174521p:plain

 

 継ぎ歩が相手のねらいの第二弾。歩の攻めは、わずらわしいだけでなく、脅威だ。受けきり策の第二弾は、敵陣に飛車を打って永瀬流の竜引きを見せるのがよい。

 

f:id:Shouldgo:20170610174530p:plain

 

 相手のねらいの第三弾は、桂馬を司令塔にして、玉頭をねらうと同時に、金底の歩の金と歩をはがすこと。飛車を切った以上、竜を働かせないと、後手に勝ち目はない。

 しかし、裏返していえば、この竜さえ働かせなければ、先手の勝ちということでもある。受けきりの極意は、相手の手を読み、相手の気持ちになること。

 金底の歩は守れそうにないので、5七の地点に利かせながら、底歩の代わりをしてくれることを期待して▲5九香と打つ。受けきり策の第三弾は、底香である。

 

f:id:Shouldgo:20170610174541p:plain

 

 玉頭に歩を打ってきた。後手のねらいは、△3八金▲同金△5九竜。やはり竜の活用が本線で、ぐずぐずしていたら△2七金も間に合ってくるだろう。一段目の玉は危険。

 2つのねらいを打ち破るために、▲4八銀は絶対手。受けきり策の第四弾は、底香に紐づけしつつ、3七の地点の清算ねらうこと。

 

f:id:Shouldgo:20170610174550p:plain

 

 △3八金▲同金△同歩成▲同玉△3七香と進む。

 ここも清算してしまうと、底香の紐はずしが成功する。

 ここは相手の駒台を見よう。

 もう相手に戦力はない。

 ▲2七金とかわし、上部の大駒を頼りに入玉を匂わしておく。

 

f:id:Shouldgo:20170610174600p:plain

 

 手のない後手は、やけくそ気味に△3八金と来た。

 このねらいは、やはり銀香の連結をはがすこと。しかし、そのねらいしかない。

 

f:id:Shouldgo:20170610174624p:plain

 

 「馬は自陣へ、竜は敵陣へ」の格言どおり、▲4六馬で受けきり、だ。

 △4八金▲同馬。

 後手は破れかぶれ、竜さえ自由になればと△5七銀としてきたので、ようやく▲同香として、後手は△1九竜を実現した。

 しかし、時すでに遅し。

 ▲1三馬から▲3六玉とし、以下、入玉を見せつつ、中段玉で完切れに持ち込み、無事、勝利を収めた。

 

f:id:Shouldgo:20170610174706p:plain

 

 これが投了図。

 相手は、持ち駒なし。対するこちらの駒台には、すべての持ち駒がそろっている。

 飛車に当てて手番を取った5八金があるため、自陣も安全。また、敵陣に入玉しようと思えばできる状態であり、受けきりの理想は、上にも下にも逃げ切れる形をつくるということが一目瞭然だろう。

 以下、指し継ぐとしたら、角取りなので、△3五角しかないが、▲3六歩△2四角に▲2一飛打と詰めろ角取りをかけるくらいで、先手の勝利は揺るがない。相手玉を詰める必要もないということで、「勝ち将棋、鬼のごとし」の言葉どおり、初志貫徹だ。

 

 

 いつも攻めてばかりというわけにもいかない。それが将棋というゲーム。

 相手が玉砕覚悟で無理攻めをしてきたときは、受けきりを目指すことも時として必要となる。そうしたときに大事なことは、方針の立て方。

 「受けると決めたら、徹底的に受けつぶす」という覚悟。

 極端なケースでは、今回のように、相手の玉なんか見なくてよいということだってあるということは、頭の片隅に置いておくとよいように思う。

 以上で、「受けきりの技術」の解説を終える。

 参考にしていただければ幸いである。

 ありがとうございました。