ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

紐の着脱

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

紐の着脱

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

紐の付け外し

 

 新ブログ(続ピリ将)で、将棋用語のヒモについて解説した。

 簡単にいえば、ヒモを付けたり、外したりしよう、と。

 なので、こちらもヒモのネタで。

cixous1.hatenablog.com

 

 i

 

f:id:Shouldgo:20170613165035p:plain

 

 これは模式図で、シンプル化したものだが、私シュうぇッチマンの実戦。

 「桂馬の高跳び歩の餌食」の格言どおり、2五の桂馬の捕獲に成功したところだが、悩ましいのは、この桂馬を取ると、駒得するものの、玉頭に歩が迫ってくること。相振り飛車ならではの悩み。

 そこで私シュうぇッチマンの立てた方針は、この桂馬を取る手を先送りにし、この桂馬のヒモを外すことを企んだ。

 爆弾処理みたいで、スリリング。楽しかったが、結果的には失敗し、負けてしまった。桂馬を取る手を遅らせすぎると、玉の両方のコビンが押さえられているので寄せられやすいのだ。

 おそらく4四の地点を清算したのが敗因で、引き角にして露骨に2四の歩を取りに行くほうが優ったのかもしれない。あるいは、素直に桂馬を取る手。

 あんまりのんびり構えていると、痛い目に遭うと知った。

 浦島太郎シュうぇッチマンも、現代の相振り飛車にだいぶ慣れてきたとはいうものの、やはり特有の手筋万般に通じていないとキツい。まだまだ、知識と経験の両面が足りていないということ。

 相振り飛車は玉頭を押し返し、手厚く指せば勝率が上がるので、こういうパターンをもっと整理して、さらに強くなりたいと思う。手数をかけて、勝利を盤石にする方程式をぜひとも確立したい。

 

 ii

 

 今度はピリギゃルの初期の実戦から。

 

f:id:Shouldgo:20170613174255p:plain

 

 戦型は後手の居玉原始棒銀に対して、先手のピリギゃルは居玉原始中飛車という、原始・原始対決。

 当時は「居玉は避けよ」と叱ったが、本音を言うと、この戦いでは居玉もやむなし。

 駒の損得は、先手が金銀(9点+8点)を余計に持っているが、後手は角(13点)を手持ちにし、桂香(6点+5点)を拾っているので、後手の駒得(17点ー24点=ー7点)。先手はのんびりしてはいられない。

 ここで▲6三と。当然の一手。と金を玉に近づけていくと同時に、香車への紐をはずした手だ。後手は△6七香成としたいが、そうすると竜の横利きが通ってしまい、▲8四竜△9二玉▲8二竜△同玉▲7二と以下の即詰みがある。

 実戦は△9五歩▲6四竜と香を取り返しつつ(ー7+5=ー2点)、玉に肉薄した。

 後手は△9二桂と、8四の地点に紐を足して補強を図るが、先手も▲8六香と数の攻め。後手は△5七角とする手もあったかもしれないが、ぱっと見、素抜かれる筋もありそうなので断念したか、△9四玉と玉の早逃げで、上部脱出をねらう。

 

f:id:Shouldgo:20170613174301p:plain

 

 この局面で清算すると、どうなるか。せっかくなので、以前の講座のおさらいをしてみよう。

 争点は、8四の地点。先手の駒は、竜・銀・香の3枚。後手の駒は、飛・桂・玉の3枚。同数なので、最後は後手の玉が8四に残る。

 先手の持ち駒は、争点に埋まる歩と、飛桂。後手の持ち駒は、飛・銀・香。

 

f:id:Shouldgo:20170613181508p:plain

 

 飛桂で詰むとは思えないので、清算はできないとの結論に達する。

 言葉にすると長そうだが、ここまでが一瞬でひらめくスキップ読みをできなければ、「潜り読者」と言われるよ。ご用心。

 

cixous5.hatenablog.com

 

 清算と数の攻め(足し算の攻め)が効かないときの考え方が、今回のテーマである「紐はずし」。実戦もそう進んだが、▲7三と。このように、紐の中でも最強の飛車をもっとも安いと金で責める手は、最高に率のよい手と言える。

 

f:id:Shouldgo:20170613174306p:plain

 

 上記が、投了図。

 最初は駒損だったのに、最終的には駒得しながら寄せきったことがよくわかるだろう。「5三のと金に負けはなし。」の格言を地で行く勝利と評価できる。

 と金があり、手番を握りつつ、紐をはずしていくような展開になるのであれば、駒得も約束される。こういう見通しがはっきり立つときは、居玉でも別に構わない。

 けれども、これは例外と考えてもらったほうが初心者の間は無難だろう。上級者も、無理して危ない橋を渡る必要はない。

 この将棋、下手をしたら、飛や角で王手をかけながら素抜くという筋が発生しかねないということも一応、知っておいていただきたい。5筋に飛車を打つ手や、斜めのラインが通れば、△9五角というねらいも生じる。

 大駒を渡すときは、考えすぎと言われるくらい、こういう筋を意識しておかなければ、初段にはなれない。

 

 iii

 

 最後におまけ。後手の側に立って、トン死筋を紹介しておこう。

 投了図を使ったこういうシミュレーションが、私シュうぇッチマンは大好き。「形作りトレーニング」(別名:トン死予防訓練)と名づけている。

 △5七金と打っておく。リアル対局なら、「あ~あ」とため息をつき、肩をすとんと落とすなど、演技力も必要。で、キャンセル待ち。運よく手番が回ってきた暁には、△7二馬。相手が本能的、反射的に▲同銀としたら、その瞬間、マッハ、神速の寄せで△6二金打と詰まし、あとは相手の心のケアに是つとめるのみ。

 実はこの図は、居玉のとき、案外よく現れる。以下は、知る人ぞ知る、最速最短勝利の奇襲戦法。(この棋譜は、そのうち消すのでご注意あれ。)

 ▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲2二飛成△同銀▲7五角△7六飛▲5三角成△6二銀▲2二角成△同金▲4二銀まで、たった23手で先手の勝ち。