ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

と金のおそはや

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

と金のおそはや

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

と金のおそはや

 

 今、目の前に、本物の金の延べ板と、偽物の金のかたまりがあったとしよう。

 当然、本物のゴールドに飛びつくに決まっている。

 ところが、ここに罠があるのだ。

 将棋の場合、本物の金よりも、偽物の金のほうが価値があるのだから。

 偽物の金、その名を「と金」という。

 将棋の場合、交換、すなわちトレードがめまぐるしいので、と金を作って、本物の金とせっせと交換していけば、儲かるようにできているのだ。

 「と金のおそはや」という格言は、手数がかかって時間がかかるようだけれども、トレードに持ち込み換金できれば、その苦労を倍する喜びがあることを端的に教えてくれて、すばらしい格言だ。

 と金を2枚つくることができたら、価値、というより、勝ちである。

 

f:id:Shouldgo:20170618153352p:plain

 

 盤面は、いつものとおり、私シュうぇッチマンの実戦に取材したもの。

 戦型は、今となっては懐かしい、ツノ銀中飛車を私シュうぇッチマンが採用した。

 もっとも、この戦型選択は、陽動作戦を採って、居飛車振り飛車の態度を保留したため、結果的にそうなったと言うにすぎないので、深い意味はない。

 局面は、先手の私シュうぇッチマンが▲8六歩と桂にヒモを付け、支えたところ。それにもかかわらず、後手は強引に△8五金と食いちぎってきた。

 ちなみに、ここから数手で、相手を投了へ追い込んだ。

 この金は取らない。取ると、駒得にはなるが、相手の飛車が働いてくる。ここは相手の駒を渋滞させる方針がよい。

 というわけで、実戦は▲5四歩と大駒を働かせに行った。

 

f:id:Shouldgo:20170618153750p:plain

 

 △同歩▲6三銀

 あくまでも、と金作りに行くのがよい。

 もし△7一歩と受けて来るなら、▲5四銀成で飛車を働かせるつもり。

 

f:id:Shouldgo:20170618154349p:plain

 

 ここで後手の受けは1つしかない。

 飛車と角の焦点である5五に駒を打つ手だ。

 はたして、予想通り、△5五銀と打ってきた。

 

f:id:Shouldgo:20170618154505p:plain

 

 上の図面、▲7三の歩が「と」になっているのは誤植。△5五銀に▲7二歩成として、△8四飛に▲6二と△8六金▲5三歩としたところで、後手は投了した。

 

f:id:Shouldgo:20170618154652p:plain

 

 投了図を見ると、8筋の金が邪魔して渋滞しているのが分かるだろう。こちらは2枚のと金が強烈だし、5五銀を食いちぎる手や、いざというときは▲7五銀と打って換金することもできるので、手に困らない。先手も薄い囲いでほめられたものではないだろうが、後手は角が窮屈な上、壁になっていて、最悪だ。

 相手は格上だったが、明らかにこちらをなめていた。しかし、こういう展開になると、いくらなんでも、さすがにこちらに分があるだろう。

 人生と同じ。金に目がくらまなければ、勝てることもある。

 

【本日のまとめ】

・「金メダル」よりも「と金メダル」のほうが価値が高い。

・相手の大駒を働かせない。

こちらの大駒を働かせる。

・「と金」を2枚作れば、ほとんど勝ち。