ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

オリジナル詰将棋 7手詰め【解答解説】

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

自作詰め将棋 7手詰め【解答解説】

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

 問題図を再掲する。

 

 シュうぇッチマン作 7手詰め

f:id:Shouldgo:20170701185814p:plain

 

 正解は、

 ▲3一角△同玉▲2一飛△3二玉▲4二金△同玉▲4一飛成まで

の7手詰め。

 

 玉を1三から逃してはいけないので、初手▲3一角が寄せの基本的な捨て駒で必然。

 その後、△同玉に▲4一飛は△2二玉~△1三玉となり、せっかくの角の犠牲が水の泡になってしまい、何をやっているのかわからないので、▲2一飛と打ち、玉を中央へ追うのが正しい。

 △3二玉でもう一押しが足りないようだが、▲4一飛成は、やはり△2二玉から端に逃げられる。この詰め将棋は、とにかく端へ行かせてはいけないのだ。

 押せないのなら、引っ張り込めばいい。金の押し売りが「危険地帯に誘え」の好手で、竜を作って詰み上がり。

 当初は2五桂の配置から9手詰めを構想していたのだが、それだと作意の▲3三桂不成以外に、▲4三角などの詰み筋もあるので、断念した。

 とはいうものの、初手▲3一角で基本を確認させ、3手目▲2一飛で▲4一飛と少し迷わせて、5手目▲4二金で押し売りで豪快に決めてもらう一連の流れは、なかなか教育的なので、気に入っている。お楽しみいただけたのなら、幸いである。