ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

藤井聡太四段連勝に便乗する記事たちを讃える~小池重明の角落ち戦

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

藤井聡太四段連勝に便乗する記事たちを讃える~小池重明の角落ち戦

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

 藤井四段の活躍に便乗する多くの記事たち。

 昨日は嗤ったが、もちろん、良記事もある。

 というわけで、今日はそれを讃えたい。

 棋士を特集するなら、やはり将棋が中心になければならないと私シュうぇッチマンは考える。

 

www.news-postseven.com

 

 この記事がすばらしいのは、藤井四段が小学生のころ、どういう勉強をしていたのかを具体的に明らかにしてくれている点だ。

 小学生が、よりにもよって、小池重明棋譜を並べていたとは、驚きである。

 しかも、大山十五世名人との、あの角落ち戦とは。

 小学生は、そもそもアマチュアの将棋なんか、並べない。

 また、小学生は、駒落ち棋譜並べなんて、しない。

 これが、いわば常識というもの。

 ところが、藤井少年は、その2つの常識を覆していたのだ。

 この勉強方法は、私たちにも非常に参考になる。

 私シュうぇッチマンは、角落ち棋譜並べマニアなので、この棋譜を暗譜しているが、そういうアマチュア棋士は、大人でも案外、少ないのではないだろうか。

 もちろん、ある世代以上のファンにとって、小池重明はあまりにも有名な存在だから、彼の平手の棋譜を知っているという人はいるだろうが、駒落ちまで並べている人の数は減るだろう。

 ただ、相手はあの駒落ちの達人でもあった大山十五世名人なのだから、それではいけない。

 ここでの教訓は3つ。

 

 ・駒落ち棋譜並べは、やはり大事。

 ・小池重明棋譜並べは、やはり大事。

 ・大山康晴棋譜並べは、やはり大事。

 

 ちなみに、記事に書かれていないので補っておくと、大山先生は、お昼に見学者に見せる予定だったらしいが、あっという間に対局が終わって憮然としたというエピソードが残っている。

 現役のプロ以外に、天野宗歩升田幸三大山康晴小池重明は並べることを強くおすすめする。

 ちなみに、小池重明升田幸三の角落ち戦は升田が勝っているが、こちらも上手の側から必見と評してよいだろう。

 

小池重明実戦集―実録・伝説の真剣師

小池重明実戦集―実録・伝説の真剣師

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com