ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

シュうぇッチマン3手詰めを逃すの巻(承前)【解答解説あり】

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

シュうぇッチマン3手詰めを逃すの巻(承前)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

シュうぇッチマンの反省文

 

 全世界の将棋ファンのみなさま、おはようございます。

 こちら、このところ棋力の衰退がいちじるしいシュうぇッチマン。

 いつになく弱気なのは、3手詰めを逃してしまったから。

 

 まずは、私シュうぇッチマン作の創作3手詰めの答え合わせから。

  問題図を再掲する。

 

シュうぇッチマン作 3手詰め

f:id:Shouldgo:20170708110542p:plain

 

 正解は、▲2二金△同金▲3一飛までの3手詰め。

 3二の金の守備力が高いので、金を捨てて、この駒を動かし飛車を打てば、簡単に詰む。これを詰ますことのできない四段は、私シュうぇッチマンくらいだろう。あああ、ぼやき(自嘲)が止まらない。

 

f:id:Shouldgo:20170708111404p:plain

 

 実戦は、私シュうぇッチマンが先手で、後手の石田流を棒金で迎え撃ち、一時は優勢になったが、逆転されて敗勢となり、ここでは再逆転を果たし、必勝の局面。

 ここまでの展開はお互いひどすぎて、ご覧に入れられないレベル。

 もっとも、ここでは自玉は安泰で、駒得なので、どう指しても先手は勝ちだろうが、あなたなら、どう指す?

 しばらく、お考えください。

 

 

 私シュうぇッチマンは、ここで▲3三飛とした。

 もちろん、後手は投了。

 放置すれば、▲3一金の一手詰めだから詰めろである。

 自陣にも利かした攻防手なので、受け師シュうぇッチマンらしい一手だと自慢したいところ。

 △3二歩なら▲4三飛成△同金▲同馬くらいで、飛車を渡しても自玉は大丈夫だから余裕綽々というのが、わがシュうぇッチマンの読み筋。

 ところが、コンピュータにかけると、▲3三銀という。

 なるほど、以下、△3二歩なら▲4二金△同金▲5一飛で即詰みである。

 勝ったとはいえ、この3手詰みの筋が浮かばないとは情けない。

 「終盤は駒の損得より速度」とは、すばらしい格言だ。

 たしかに、終盤といえども、駒の損得は大事。

 これも厳然たる事実。

 損しない勝ち方があるなら、そちらを優先する。

 終盤力を過信して負けたことは数知れず。

 アマチュアで時間が短い私シュうぇッチマンは、そういう考え方が骨身に沁みているが、そのことを責めるのは酷というものだ。

 けれども、そうはいっても、3手詰めの詰めろが見えていないのは論外。

 最後の最後は、やはり詰め将棋の力と肝に銘じたい。

 コンピュータや藤井四段のように、もっと詰みに貪欲にならないと。

 このあたりのバランスが今後の課題。

  猛省しきり、である。