ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

居玉はいとも簡単に詰むのに、なぜ居玉にするのか理解に苦しむ

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

居玉は簡単に詰む

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

居玉はすぐ詰む

 

 初心者講座。

 なんちゃって嬉野流を使ってきたので、たぶん初心者ではないと思うが、初級者相手にあっというまに快勝した。

 敵の敗因は居玉。居玉とは、初形から玉を一つも動かさないこと。

 喩えていえば、重役出勤(遅刻)どころか、出勤すらしない最低の社長といった感じ。

 嬉野流も本来なら玉に一手はかけるべきはずなのに、それすら怠った罪は重いといわざるをえない。

 

f:id:Shouldgo:20170713210454p:plain

 

 部分図は、私シュうぇッチマン5三銀と打って、詰めろをかけた局面。攻める側としては、ここへの銀打ちはぜひとも覚えてほしい一手。

 受けるほうは、ここで受けるということを覚えてほしい。

 ところが、相手は詰めろ自体に気づいていない。

 別の、攻めの手を指した。で、私シュうぇッチマンが、あっさり勝った。

 わかった。居玉は詰みやすいということ自体を知らないのだ、と。

 私シュうぇッチマンのいけないところは、初心者が何を知らないのか分からないというところ。そして、初心者の罪なところは、居玉が詰みやすいということを知らないということである。

 何度でも繰り返して言うが、「居玉は避けよ!!!」

 

 

 ちなみに、図では、▲6二銀△同金▲同と までの3手詰め。

 たしかに、5二の地点は金2枚が守っているから大丈夫なのだが、6二の地点は金1枚の守りに対して、盤上の攻め駒が2枚に、持ち駒が1枚あるので、先手の勝ちという単純な理屈。

 ちなみに、持ち駒に桂馬があれば、4三桂の一手詰み。

 居玉はいとも簡単に詰むのに、なぜ居玉にする人がいるのか、理解に苦しむというよりほかない。

 街宣車のごとく、何度でも繰り返す。「居玉は、避けよ。」と。