ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

相掛かり棒銀(飛車先交換保留型)対策

はてなブログ(愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

相掛かり棒銀(飛車先交換保留型)対策

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

 びわのたねさんからのリクエスト(意訳):

 後手の相掛かり棒銀(飛車先保留型)への対策を教えてください。

 

 つまり、相掛かりでこちらが飛車先交換をしたのに、相手が交換してこない。

 こちらが棒銀しようとしたら、相手も棒銀してきた。

 1手遅いので、棒銀が立ち往生。

 どうしよう?

 こんな感じに受け止めたのですが、間違っていない?

 図面で示せば、こんなイメージ?

 

f:id:Shouldgo:20170810102437p:plain

 

 以下、▲1六銀△9五銀▲2五銀△8六歩▲同歩△同銀で、後手勝勢。

 これは、やはりまずい。

 

 かつて「飛車先交換3つの利あり。」という格言があった。(過去形!)

  たしかに、飛車筋が直通し、相手の金を釘付けにしている。

 また、一歩を持ち駒にしている。

 さらには、飛車先が軽く、棒銀がしやすくなっている。

 だが、1つの不利あり。

 それが、手損。

 コンピュータが嫌っていることもあり、見直されてきている。

 

 といっても、それはプロの話。

 プロでも相掛かりを指す方はいるし、これからは増えると予想できる。

 また、アマレベルなら、そんなの関係ない。

 飛車先交換にはメリットとデメリットがある。

 将棋なんだから、そんなの当たり前。

 こう考えて指せばよい。

 

 ただ、相棒銀は手損した先手が不利になる。

 あるいは、棋力がなければ、いっぺんに劣勢、敗勢に追い込まれるリスクが高い。

 そこで、先手は棒銀固執せず、別の戦術を求める必要がある。

 相手の棒銀封じに屈した格好となり、屈辱かもしれないが、仕方がない。

 真の棒銀使いは、棒銀を受けても立てなければいけないのではないか?

 棒銀を受けることができて、はじめて初段。

 

 で、論より証拠。

 さっそくやってみた。

 私シュうぇッチマンは、なんと後手。

 よって、棋理に反し、不利になるはずなのだが、ちゃっかり勝っている。

 もちろん、相手が格下だったのは大きい。

 しかし、かえって級位者の参考になるところもあるのではないだろうか。

 

https://noike.info/yourls/ehrav7ky5x

 

 飛車の引き場所は、2か所ある。

 プロ的には深く引くのが流行っていて、浮き飛車は勝率が低いらしい。

 けれども、アマチュアの私シュうぇッチマンは浮き飛車が好き。

 攻めは、ひねり飛車、中原流、腰掛け銀、棒銀の四択で待つ。

 受けは、棒銀封じや矢倉リフォーム型など。

 相手の様子を見ながら、戦型を決定するのがポイント。

 今回は、後手でもあるので、浮き飛車の棒銀封じに決定した。

 飛車の横利きと角上がりで棒銀を捌かせない方針だ。

 

 経験的にいうと、棒銀対桂馬という構図になることが多い気がする。

 相掛かりの達人だった中原名人が桂馬の使い手であったことを想起されたし。

 桂馬は3回跳躍すれば、もう敵陣。

 動きが速いので、棒銀がモタモタしている間に攻め込める。

 中原名人の相掛かりの棋譜を勉強すると、その辺の呼吸が呑み込めるはず。

 

 変化が膨大なので、よい材料があれば、また続きを書きたいと思う。

 とりいそぎ、上記、レスポンスまで。