ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

マジで!? 十三手で勝利(2)

はてなブログ愛称:ピリ将)

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

マジで!? 十三手で勝利(2)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

「初級者殺し」退治(2)

 

 昨日のつづき。次の一手問題の図を再掲する。

 先手は竜が閉じ込められてしまったが、これは読み筋。

 

f:id:Shouldgo:20170927184435p:plain

 

 正解は▲2五歩。これにて、後手は投了となった。

 わずか13手で、勝利。

 

 なぜ、投了?

 今日は、この続きを丁寧に解説してみよう。

 これを読むだけでも、級位者の実力アップ間違いなし!

 

 たしかに▲2五歩に△3二金としてきたら、竜が助からない。

 大切な竜を取られるのは、あかん。

 これは非常に有名な法則だ。

 しかし、竜を取られてよい場合が2つだけ、ある。

 この例外をしっかり覚えておこう。

 1つは、相手の玉が詰む場合。

 もう1つが、と金を作れる場合、だ。

 

  竜の価値は、17点。

  と金の価値は、12点。

 

 と金に加えて、何かオマケの駒をいただけるなら、成立するトレードだ。

 

 さて、△3二金以下は、いくつか候補手がある。

 

  ア.▲同竜△同飛▲2三金

  イ.▲2二竜△同金

  ウ.▲2四歩△2三金▲同歩成

 

 アとイは竜と角を交換する手で、互角か、少し先手の損。

 これこそ、相手の思うツボ。

 「序盤は飛車より角」とは言うけれど、先手の良さが消えている。

 

 継続手の▲2四歩が、眼目の一手。

 竜は取られるが、金を頂戴した上、と金もできる。

 しかも、このと金は、角銀両取り。

 後手は飛車をもらっても、歩切れで苦しい。

 ちなみに、2三と は、あわてて動かす必要がない。

 2四歩と打ち、と金の再生産をねらえば、先手必勝。

 そういうことで、後手は投了したというわけ。

 

 最初に戻るが、△3二金は成立しない。

 したがって、△同歩だが、▲同竜で、「竜は死にましぇん。」

 その後は、と金づくりに勤しめばよろしい。

 一歩千金。

 

◎本日のポイント

 「と金が1番、竜は2番。」